七五三で親の服装は?色はどんなのが良い?着物か洋装どちらがよい?


11月は七五三の月ですね。

七五三は子供の無事な成長を祝ってお参りする行事です。

まずはお子様の無事な成長、おめでとうございます。

ところで七五三では記念撮影をして神社へお参りするのが一般的ですが、その際親はどういった服装がよいのでしょうか?

特に記念撮影は後々まで残りますので、しっかり確認して恥ずかしい写真を残さないようにしてあげたいものです。

今回は七五三でのご両親の服装について少し見てみたいと思います。

スポンサーリンク

七五三で親の服装は?

七五三というのは、子供が主役のお祝いです。

親はあくまで付き添いする立場ですので、あまり目立ち過ぎない服装にすることが大切です。

ご両親についてはフォーマルな服装であれば着物でも洋装でも大丈夫ですが、お子さんが洋装の場合にはご両親も洋装にするのが一般的です。

以前、かなりカジュアルな服装のご両親の方がいましたが、やはり少し浮いた感じになってしまっていました。。。

お父さんについては、落ち着いた色あいの黒系やグレーなどのダーク系のスーツであれば大丈夫ですので、普段着ているスーツをクリーニングに出すなりしてピシッとしたものであれば問題ありません。

さすがにヨレヨレのスーツは避けましょう。

お母さんについての服装が、一番気になるところだと思います。

七五三で親の色はどんなのが良い?

お母さんの服装については、着物であれば、訪問着、付け下げ、色無地の一つ紋か無紋(白と黒以外)などで控え目で清楚な落ち着いた色合いを選ぶのがポイントです。

下のお子さんがいて、着付けに時間をかけられない!という場合には洋装が良いでしょう。

洋装であれば、スーツ、ワンピースなどのフォーマルなものを選びます。

シンプルなデザインのものであれば、コサージュやアクセサリーで少し華やかさを加えてもよいでしょう。

スーツの場合は、ブラックフォーマルではなく、明るい色合いのシンプルな服装が好ましいです。

特に下のお子さんがいたりすると、お母さんは動きやすいほうがよいので、パンツスーツでも構いません。

色については、お祝いですので、パステル系の明るい色合いやベージュや明るいグレーなどがよいでしょう。

こういった色合いであれば、お子さんの晴着姿がどういったものであっても合わせることができますね。


スポンサーリンク

七五三で親は洋装か着物どちらが良い?

このように、お母さんの服装は洋装でも着物でもフォーマルなものであればどちらでも大丈夫ですが、お子さんがスーツの場合にはお母さんも着物ではなくスーツにする方が一般的です。

服装の注意点としては、

・主役の子供より目立たない
 繰り返しになりますが、主役はお子さんですので、親がそれよりも目立たないことを心掛けるのが大切です。
 
・夫婦で格を合わせる。
 お子さんより格下の服装を選びつつ、両親は格を合わせた服装にすることを心掛けたるのがポイントです。ご夫婦の服装の格が合っていないと後から写真を見た時にちぐはぐな感じが出てしまいます。例えば、お母さんがフォーマルなのに、お父さんがカジュアルなジャケット、というのは避けた方がよいです。家族で並んで撮った写真を美しくするには、夫婦の服装の格を合わせることが大切です。

【洋装の注意点】
洋装の場合の注意点としては、露出度を控えた清楚な服装が好ましいです。胸元の開き、スカートの丈などを注意しましょう。写真撮影の際、椅子に座りますのでスカートの丈はひざ下くらいが最適です。清楚な美しさを心掛けるのがポイントです。ベージュのストッキング、つま先の見えない靴、などで合わせるのがよいでしょう。

【着物の注意点】
お母さんが着物を着る場合には、訪問着、付け下げ、色無地などの礼装をセレクトし、帯や小物をフォーマルなものをしつつ、お子さんや旦那さんとのバランスを考えながら、格が高すぎる着物を避けるようにします。

まとめ

七五三は子供が主役のお祝い行事です。

お母さんがあまり目立つ服装ですとかえって浮いてしまいます。

明るい晴れやかな色合いを心掛けつつ控え目な服装のものを選び、お子さんを引き立てるようにしたいものです。

そうすることが、後から見た時にお母さんらしい優しさや美しさが際立つことにもなるものです。

以上ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。