トム・クルーズの映画のおすすめ5選

今新作が公開されている、ミッションインポシブルシリーズ フォールアウト。

ご覧になった方も多いと思います。

トム・クルーズの映画は、本当に面白い映画が多くて好きな俳優の一人です。

私が選んだトム・クルーズ作品のおすすめ5選をご紹介します!

スポンサーリンク

トム・クルーズの映画のおすすめ

トム・クルーズというと、もともとスポーツ選手を目指していたそうで(レスリング)、とにかく運動神経抜群なのが画面を通して伝わってきます。

そして、さすがに最近はもう57歳という年齢ということもあって陰りがありますが、あのスマイルですね。

女性だったらクラっと来ること間違いない笑顔だと思います。

出世作の、「トップガン」はすごい映画でした。

あれは当時映画館で見ました。

あの映画で大スター入りを果たして、その後も作品に恵まれて、ホントにたくさんの作品に出演してます。

やっぱり売れるスターのところにはいい作品、いいスタッフ、お金、全てが集まってくるんでしょうね~、まあ正直駄作もありますが、面白い作品が多いです。

特に、私的にはSF映画が好きということもあって、トム・クルーズのSF系の作品がお気に入りのが多いです。

相当金かけて作られてるな、、と思えるのと、すごく丁寧に作られている作品が多い気がします。

また、トム・クルーズ自身が映画好きなのが伝わってくるというか、楽しんでいるのが伝わってきますよね。最近の作品ではスタントを自分でこなす姿勢なんかも凄いと思います。

トム・クルーズのおすすめ5選

というわけで、私の好きなトム・クルーズの映画5選です。
(うーむ、正直もっと沢山面白いのがありますが。。。)

まずは、第5位

宇宙戦争(2005年公開)
この作品、何故かあまり評価が高くないようです。

これ、かなり昔の作品のリメイクで、ストーリー的には冷静に考えるとかなり荒唐無稽だし、突っ込みどころ満載ではあるなーと思います。。

が、これ、私何の前知識もなく映画館で見たのですが、映像の迫力に度肝を抜かれました。

特に、前半のオートポットが現れて、町を破壊していくシーンはあまりの迫力に画面にくぎ付になった覚えがあります。

さすがスピルバーグ監督、という映画でした。

次は4位
ジャックリーチャー(2016年公開)

これは、2012年に公開された「アウトロー」の続編。

新たなヒーロー誕生という感じで、凄腕の元米軍憲兵隊捜査官というキャラクターが面白いと思います。

よくあるFBIとかCIAとかじゃなく、なぜか憲兵隊捜査官。

トム・クルーズの映画の面白いところは、生身の人間なんだけど、とにかくタフで強くて、そして人間味がある役どころが多い点じゃないかと思っています。

シュワルツネッガーみたいに人間離れした強さというのもキャラクター的には面白いんですが、もう少し人間味がある強さというかもう少し現実感のある強さ(でも実際にはありえない)みたいのがトム・クルーズの映画の面白いところなんじゃないかと思っています。

スタローンとかシュワルツェネッガーとかだと筋肉ムキムキ感丸だしですが、トム・クルーズの場合、やってるアクション的にはスタローンやシュワルツェネッガー以上なのに、ムキムキ感を前面に出さない、、、みたいなところが結構好きです。

実際にトム・クルーズ自身がスタントを自らやってるところから、現実味がある映像になってくるんだと思います。

3位
オールユーニードイズキル(2014年)
これは、日本の漫画が原作のSF作品ですね。漫画も読みました。

この作品は非常に丁寧に作られている感じがするのと、シナリオ的にも展開が非常にテンポよくそして分かりやすくて面白いです。

これも前知識なしで映画館に見に行ったのですが、あまりの面白さにその後何度も行ってしまいました。

エミリーブラントが凛々しくてきれいです。

2位
オブリビオン(2013年)
この映画も前知識なしに映画館に見に行きました。

非常に丁寧に作られた映画だと感じ、この壮大な話をよく2時間ちょっとの話にまとめたなーと感心しました。

ストーリーが、秀逸なのと出てくるメカがかっこよくて、近未来的な雰囲気があって臨場感がある映画です。

結構シンプルなメカが多いし、風景とかも恐らく敢えてシンプルというか無駄なものをあまり描かないような映像にこだわって撮影されたんじゃないかと感じましたが、ともすると安っぽい映像になってしまいそうなところを非常にセンス良く美しい映像になってるのが監督が素晴らしいと思います。

シナリオ、映像、俳優、演出や小道具などすべてが斬新だし良くできた映画だと思いました。

1位
ミッションインポシブルシリーズ

これはもう言わずと知れた、トム・クルーズの代表作シリーズでしょう。
シリーズ6作目が今公開されてますが、過去の作品すべてが面白いです。

最初小ネタ的なシーンがあって、そこからテーマソングでオープニングへと続く、あのお決まりの始まり方は第1作目から共通です。

あの始まり方はカッコいいですよね~、ここからどういう話になっていくんだろうとワクワク感を盛り上げる演出がたまらないです。

毎回監督が変わって少し雰囲気が変わるのですが、共通のテイストがあるのはトム・クルーズ自身が制作にかかわっているからなんでしょう。

とにかく、回を追うごとに、アクション、ストーリー、全てが凄くなり、新しいアイディア満載で、面白くなっていくという、珍しいシリーズだと思います。

大抵のシリーズものの映画は、初回がヒットしたから続編を、、みたいな感じで回を追うごとにつまらなくなるのが多いので、このミッションインポシブルシリーズはすごい映画だと思います。

スポンサーリンク

まとめ

面白い映画って、長い映画でも、終わりに近づくとあー、もう終わっちゃうのか、、もっとこの世界を見ていたいな、、と感じるものですよね。

上記に上げた作品は私的にはこの感じを受けた作品ばかりです。

トム・クルーズって、ハンサムなだけに若いころはその外見に注目が行ってしまいがちだったと思いますが、ミッションインポシブルの最新作、フォールアウトを見たら、そうではないことが分かります。

本当に映画がすきで、しかも好奇心旺盛で、ここまで体当たりで何でも自分でこなす俳優って他にいないんじゃないでしょうか。

アクションシーンで、スタントマンを使わず自分で全ての演技をしているのには驚くばかりです。

やっぱりこういう人のところには優秀なスタッフが集まるから面白い映画が多くなるんでしょうね!

良い俳優には良い映画が多い!

というわけで、是非トム・クルーズのほかの作品もご覧になってみて下さい!

以上ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。