9月病とは?秋の体調不良に気を付けよう。その原因と対策など。

8月もお盆を過ぎると、ようやく暑い夏が終わり、少しほっとしますね。

すずしくなって過ごしやすい~!と感じる方は元気・健康な方です。

ところが、この季節、体調を崩すことが多いので注意が必要です。

5月病というのはよく使われる言葉ですが、9月病というのがあるのをご存知でしょうか?

スポンサーリンク

9月病とは?

5月病という言葉は有名で、これは、4月の新学期や入社、異動などで新しい環境になった人などが張り切って頑張ろうという気持ちから、少し環境に慣れ始めて張り詰めていた気持ちが緩んだことで陥るメンタル的な病状のことを指します。

軽いうつのような状態、テンションが下がった状態でやる気の喪失、意欲の減退、などの症状が出てきます。

これと、同じような症状が9月頃に出ることがあります。

季節性うつ病といった注意が必要な場合もあり、油断していると重い症状になってしまうこともあるので要注意です。

秋というのは、夏の暑さによる体力消耗、などからもともと体調不良に陥りやすい季節です。

猛暑だったりすると夏バテで体が弱ってしまったことが続いていたりすることもあるでしょう。

また季節の変わり目で、夏が終わり、冬へ向かっていくことに対するもの悲しさなどから心が沈みがちになる、ということもあり、特に雪国などに住む人には、これから来る長い冬に対して沈んだ気持になり9月病の症状が出ることが多いようです。

また、夏に長期の夏休みをとることが多い欧米では、夏の終わりの季節に体調不良になる人が多いそうです。

特にお母さんに多いのがお子さんが夏休みでずっと家にいて面倒を見ていたのが学校が始まって、急に家にいなくなったことでほっとすると同時に寂しくなり精神的に不安定になる、というケースです。
(やっと子どもが学校に行くようになって少し休める~!と感じる方は健康な証拠です!笑)

スポンサーリンク

秋の体調不良

では、どういった症状がこの秋の体調不良「9月病」なのでしょうか?

下記の項目に4つ以上該当することが多い人は要注意です。

・朝早く目が覚めるが気持ちが沈んでいることが多い
・食欲がわかない、落ちたと感じる
・仕事や人間関係について悩んでいる
・家事をやりたくない、会社、学校に行きたくないと感じる
・自分に対して「ダメなやつだ」と落ち込んだり、憤りを感じたりすることが多い
・やりたいことや目標を見失ってやる気が出ない
・他人と会ったり、話をしたりするのが面倒くさいと感じる
・身だしなみを整えるのも面倒だと感じて手抜きをするようになった
・なんとなくだるいと感じる
・集中力が落ちてイライラしやすくなった

また、体調面では下記の症状を感じる場合には同様に注意が必要です。

・不眠
・過眠
・頭痛
・めまい
・肩こり
・食欲不振
・動悸

秋は、夏を過ごして体が弱っているので睡眠障害で良く寝れないという場合は注意が必要です。

秋の体調不良の対策など

では、この秋バテともいうべき、9月病、どういったことに注意をすればよいのでしょうか?

(1)身体を温めて秋バテ対策

体が冷えると自律神経の乱れにつながります。特に夏場、クーラーで自律神経が乱れがちになってますので体を冷やさないように温めることが大切です。

(2)身体を温める食事

体を冷やす生野菜は避けるようにましょう。スープやみそ汁は大変有効です。味噌汁は体を温める効果もありますので繊維質が多く含まれるキノコや野菜をたっぷり入れた味噌汁はおすすめです。

(3)運動や入浴で汗を流す

身体は汗をかくことで体温を調節しますので、身体本来の体温調節機能を取り戻すためには、汗をかくのが効果的です。
涼しくなって運動もしやすいと思いますので、積極的に運動をするようにしましょう。
ゆっくりお風呂に入って汗をかくというのも、自律神経を整えていくことに有効です。

まとめ

9月病は日ごろのストレスから来ることもあります。

できるだけ不満や不安になるようなことは誰かに相談したり、趣味で発散させたりしながら上手に体調管理をし、快適な秋の季節を楽しみましょう。

以上ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。