肌のシミの原因?紫外線を吸収するソラニンを多く含む食べ物とは? 

白い肌、透明感のある肌っていくつになっても女性の憧れですよね。

お肌がキレイだと、それだけで若々しく見えるものです。

5月も後半になると、1年でも最も日が長く、紫外線の多い季節なので注意が必要な季節です。

この、お肌の大敵ともいえる紫外線、実は野菜や果物に多く含まれる「ソラニン」という物質が紫外線を吸収する働きがあるため、この季節は特に食事には注意をした方がよいと言えると思います。

スポンサーリンク

肌のシミの原因?

白い肌を保つためには紫外線対策は欠かせませんよね。

紫外線対策といえば、UVカットのファンデーションとか、日焼け止め、などを使っている方が多いと思います。

ところが、長年美肌ケア・日焼け対策をやっているのに、何故か「日焼けしやすい」「シミそばかすが増えた」という方がいませんか?

実は、一般的にはビタミン豊富でお肌や健康によい、と思われがちな果物や野菜の中には紫外線を吸収しやすい物質を多く含む物があるのです。

その、紫外線を吸収しやすくなる物質というのは「ソラレン」という物質です。

肌のシミの原因 紫外線を吸収するソラレンとは?

ソラレンとは、紫外線を吸収する性質のある物質のため、ソラレンを含んだ食べ物を食べた後日光を浴びると、紫外線を吸収しやすくなり、シミやそばかすの原因になったりします。

ソラレンには、お肌の色素の素であるメラニン色素を活性化させる働きがあるため、色素沈着や赤み、お肌の炎症の原因にもなったりするのです。

スポンサーリンク

紫外線を吸収するソラレンを多く含む食べ物とは?

このソラレン、実は柑橘系の果物に多く含まれているのと、キュウリとかセロリ、ニンジンなど、一般的には健康によさそうなイメージの食べ物に多く含まれています。

では、ソラレンを多く含む食べ物を列挙していきます。
<果物>
・ミカン
・レモン
・オレンジ
・グレープフルーツ
・すだち
・キウイ
・アセロラ

<野菜>
・セロリ
・いちじく
・みつば
・パセリ
・ニンジン
・きゅうり
・シソ

また、これらの食べ物を朝食べると、体にソラレンがいきわたった状態で日中を過ごすことになるため、日焼けしやすくなります。

朝、「ビタミンⅭの補給にオレンジジュースを」、というのは健康に良いイメージがありますので実際にやられている方も多いようですが、お肌対策としては朝オレンジジュースを飲むのは控えた方がよさそうです。

ソラレンは、食べてから2時間くらいで体にいきわたります。その後数時間で体内で分解されていくため、夜食べるのは問題ありません。

ビタミンなどの補給にこれらの食べ物を食べるときは夕方から夜食べるようにした方がよいと言えるでしょう。

紫外線対策に効く食べ物は?

では、紫外線から肌を守る食べ物はあるのでしょうか?

それは、トマトです。

トマトに含まれるリコピンが日光に対する耐性をあげる効果があります。また、色素を作る酵素の生成を抑える効果があると言われているのです。リコピンを多く含む食べ物として、トマト、また、スイカなどもあげられます。

また、ビタミンCはお肌のダメージを回復させる効果があるので、柑橘系のビタミンを多く含む食べ物は、夜食べるのが効果があると言えるでしょう。

まとめ

紫外線の木になるこれからの季節、是非、お肌のケアとして食べ物にも注意をするようにするのがおススメです。

以上ご参考になれば幸いです。

ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。