ダイソー500円ステンレスボトルの使い勝手は?漏れや保温など


ダイソーで少し前から気になっていた、500円のステンレスボトル。

普通に買ったら3000円くらいはしそうなものがなんと500円とは・・・

ちょっと迷っていたんですが、買ってみることにしました。

スポンサーリンク

ダイソーの500円商品

ダイソーってほとんどのものが100円ですが、最近、100円商品だけじゃなくて、色々な価格帯の商品が増えていて、特に500円商品が結構売ってます。

この500円商品というのが、半端なく良いものが置いてて、ちょっと気になるものが多いんです。

ダイソーだと500円というと高く感じますが、普通に買おうとするととても500円じゃ買えなさそうなものばかり。

ダイソー500円ブルートゥースイヤホン

↓最近買ったのではこれがかなりいいです^^とても500円とは思えません。

ダイソー500円 目覚まし時計

↓これも買いました^^。なかなか良いです。音が強烈です。絶対目が覚めます^^

ダイソー500円iPhoneケーブル

↓これも、使ってます。メッチャいいです。iPhoneケーブルってなぜか、電気屋とかで買おうとするとエラク高いですよね。。。

あと、最近見かけた中で欲しかったのはスマホ用の充電池です。買おうか迷ってしまって、今度買おうと思っていたら、売り切れてしまい、今じゃどこの店舗に行っても置いてません( ;∀;)・・・迷わず買えばよかった~!

ダイソーの500円ステンレスボトルの使い勝手は?

というわけで。

今回はダイソーの500円ステンレスボトルです。

ダイソーの水筒やボトルコーナーにはいろいろ置いてます。

↓これも悪くないですが、若干チープ感が・・・

↓これは形が面白いですね^^

↓これは子供用にいいです。

↓これも悪くないんですが、若干チープ感が・・・笑

↓そんな中で、前から気になっていたのがこちら!

470ミリリットル、350ミリリットル、220ミリリットルの3種類の大きさがあります。色は黒と白。

こういうステンレス製の保温のできる水筒って、普通に買うと2000円とか3000円とかしますよね。

それが500円?

品質は大丈夫なの?

と思ってしまったのが、迷っていた理由です。

でも!

デザインもいいし、一回ダイソーで500円のステンレスボトルを見てしまったら、他で買う気がしなくなってしまいました。。。

というわけで、これから春になって、外出する機会も増えるし、ちょっと試しに買ってみようかなと思いまして買ってみました。

スポンサーリンク

ダイソーの500円ステンレスボトル 漏れや保温などは?

というわけで!

早速持って帰ってきて使ってみました^^!色は迷ったんですが、白だと汚れが目立ちそうなので黒にしました。

↓開けるのが楽なんだそうです。これ重要ですよね。

↓蓋と、中の注ぎ口が取り外し可能。

↓おおおお、、、、箱から出すとこんな感じです。質感がいい感じですね~。黒にしてよかったです^^(でも、白も良かったかもな~^^)。

↓中に説明書が入ってました。

↓(・_・D フムフム、一応読んでおきます。横にすると液漏れするかもしれないと書いてますね・・・・

ダイソーのステンレスボトルを試しに使ってみた。液漏れや保温はどうなの?

ちょっと使ってみたくなって、試しにお茶を入れてみました^^

↓結構入ります。470ミリリットルだから、ペットボトル一本分くらいですね。

↓お茶を入れまして・・・

↓蓋をしまして。。。

↓しっかりふたを閉めたら、ちょっと横にしたくらいじゃ全く漏れません!

これはいい感じですね~!

↓中の蓋のボタンもかなりスムーズ。ボタンを押すと、「カチッ」と、開きます。

↓いい感じです!

↓おおおお、、、いい感じ♪!

↓中々使い勝手良いです。

因みに、このステンレスボトル、見た目は結構重そうな雰囲気がしますが、メッチャ軽いです。重さを計ったら、本体だけだと200グラムくらいしかないので、中身をたっぷり入れても結構軽いです。

難点は、ちょっと内容量に比べてサイズが大きい点でしょうかね。でも、難点はその位しか見つかりません。

保温も説明書きには95℃のお湯を入れると58℃で6時間保温可能、と書いてあります。使ってみた感じでも数時間はアツアツのお茶が飲めるので全く問題ないですね!

まとめ

このダイソーの500円のステンレスボトル、思った以上に良いです。

買う前はちょっと大きいからどうかな、、と思ったりしましたが軽いし、少し大きめのバッグを使えばあまり気になりません。

これは、今年は使い倒すこと間違いなしです^^!

以上ご参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。