レモン酢を使った美味しい簡単レシピ キャベツのコールスロー

レモン酢を使ってコールスローを作ってみたら簡単においしくできました。

コールスローって、普通のお酢で作るとお酢の酸っぱさが強すぎてなかなか美味しく作れなかったんですが、レモン酢を使って作ってみたら程よい酸味が非常に良くあってすごくおいしく作れました。

スポンサーリンク

レモン酢を使った美味しいレシピ キャベツのコールスロー

材料:
キャベツ2分の1~4分の3くらい
塩:少々(一つまみ)
レモン酢:大さじ4~5くらい
マヨネーズ

キャベツって結構大きさが違うことがありますが、普通のキャベツなら半分で十分です。
ちょっと小さめのキャベツなら4分の3くらい使って作ります。

作り方:
まず、キャベツは外側の葉は捨て、良く水洗いします。
そして、キャベツを千切りにし、ざるに入れます。それに塩を少々振って、少し揉んで塩をなじませます。キャベツを揉んで柔らかくしておくと歯触りが良くなって美味しくなりますので、少し揉んでください。

塩を振って揉んだ後、20~30分くらい放置します。すると、塩を振ったことで水分がでてきますので、その汁は捨てます。

次にレモン酢です。これがうまいんですよ~

レモン酢の作り方はこちらをご参照ください→レモン酢を作ったら美味しかった。保存期間は?毎日飲んで健康に。

レモン酢を大さじ4~5杯かけます。

ちょっと味見をしてみて足りなければ追加です^^

そしてマヨネーズ。マヨネーズは少なめのほうが美味しいです。レモン酢と塩で味は結構ついていまして、マヨネーズを追加するとまろやかな味になる感じです。あまり入れすぎるとしつこくなるので少なめにした方が私は美味しいと思います。

スポンサーリンク

マヨネーズはこのくらいの量です。

マヨネーズを投入したらよく混ぜます。

タッパーに移します。

これ、ダイソーの3ℓの容量のタッパー、たっぷり入ります!

これで、冷蔵庫で1日くらい寝かして良くなじませると美味しくなります。

食べごろやどのくらいもつのか

作ってすぐ食べても十分美味しいですが、少し置くと(1日くらい)、味が良くなじんで美味しくなります。
また、お酢の効果なのか、冷蔵庫保管は必須ですが意外と保存がきくような気がします。キャベツを千切りにしただけの物より保存がきくと思います。
うちでは、日曜日の夜作って、金曜日でも全然大丈夫、美味しく食べれますので1週間くらいは大丈夫なんじゃないかと思います。
(大体作るとすぐなくなってしまいますが^^)

保存という意味ではレモン酢をたっぷりかけるのがコツかも知れません。

まとめ

お好みでコショウを少し振っても美味しいと思います。
このコールスロー、そのまま食べても美味しいし、パンにはさんで、サンドイッチの具にも大変よく合います。
レモン酢を作るとき、はちみつや砂糖を少々使ってますので、その甘みと、キャベツに最初に振った塩が程よい味付けになってるのとレモンの風味がとてもよくあってると思います。
これは、うちでは皆大好きな味で作るとすぐなくなっちゃうので、しょっちゅう作っています。
モリモリ食べれちゃいますが、キャベツは体に良いし、お酢とレモンをたっぷり使い、マヨネーズは少なめなので健康的なレシピかなと思います。

試していただけたら幸いです。

以上ありがとうございました。

スポンサーリンク