水泳ダイエットの頻度や時間 痩せる効果のある距離は?

水泳でダイエットするときに知っておきたいのは、どのくらいの頻度で通えばよいのか、また、一回の水泳でどのくらいの時間や距離を泳げば痩せる効果があるのかじゃないでしょうか。

実際、ジムや市民プールに行くと、スイスイ泳いでいる人や、マイペースで休み休み泳いでる人、などいろんな人がいますよね。

皆さんどのくらい泳いでいるのでしょうか?

また、どのくらい泳ぐとどのくらい痩せる効果があるのでしょうか?

スポンサーリンク

水泳ダイエットの頻度や時間 どのくらい泳ぐとどのくらい痩せる効果があるのか

私、体力維持とダイエットのために水泳を始めて4年以上たちます。

この間に、多少の上下はあるものの当初の体重から比べて10キロ前後の減量に成功できています。
(ちょっと最近さぼり気味なので体重も増加傾向ですが、、、^^;)

最大では当初から比べて15キロ近くまで減量できました。
(ただし、このときは、大好きな甘いものを食べないようにするという、私にとってはきつめの食事制限をやったときです^^;)

その経験などから、どのくらいの頻度や時間泳ぐと痩せる効果があるのかご説明したいと思います。

水泳で消費できるカロリーは?

まず、水泳をやるとどのくらいのカロリーを消費できるのか、大雑把でも構わないので理解しておいたほうが良いので、簡単に見ておきたいと思います。

詳しくはこちらの記事もご参照ください。
水泳のカロリー消費量はどのくらいなの?痩せる?痩せない?

体重70キロ前後の人がクロールで25メートルプールを60往復くらい泳いで消費できるカロリーは概ね600キロカロリー前後になる、と計算されています。

60往復泳ぐのは、結構なペースでおよいで1時間くらい(つまり1往復を1分間で泳ぐペースで1時間泳ぎ続ける感じです)、まあまあのペースで泳いで1時間半くらい、結構ゆっくりペースで泳いで2時間~2時間半かかります。

因みに、私は、60往復泳ぐのに1時間20分~1時間半くらいかかりまして、今のところ一回プールに行くと60往復泳ぐのを目標に泳いできます。

このように私の場合は、概ね1回プールに行くと1時間半くらいで600キロカロリーくらいのカロリー消費が出来ている、と言う事になると理解しています。

このペースで100往復泳げれば、一回のプールで1000キロカロリー近く消費できる、ということですが、今のところそこまでは泳げません。。。^^;

1キロ痩せるために必要なカロリー消費量は?

次に、体重(脂肪)を一キロ減らすために、どのくらいのカロリー消費が必要か、ですが、これは概ね7000キロ~8000キロカロリーくらい、と言われています。

つまり、単純にプールで泳ぐことで消費するカロリーで、体重を1キロ減らすためには、上記のペースで泳いで、12回~13回通えば達成できる、ということになると考えられます。

カロリー計算上は、週3回通えば1か月、週2回通えば1か月半、くらいで1キロ痩せることが出来る、ということになります。

水泳でダイエット どのくらいの距離を泳ぐと痩せる効果があるの?

このように、単純に計算するとずいぶん泳がないと痩せる効果がないんだな、、と考えられるかもしれませんが、実は運動で消費できるカロリーというのはこのくらいの量なのです。

しかも、ほかの運動と比べて水泳はかなり多い方です。

60往復泳ぐとかなりヘトヘトになりますが、それでも消費カロリーは600キロカロリーくらいである、という点は理解しておくべきかなと思います。

おにぎり3個分くらいですね。

人間は一日特に運動とかしないで普通に生活しているだけで消費するカロリー(基礎代謝+通常の活動で消費するカロリー)が、体重70キロ、40代男性で、大体2500~2600キロカロリーと言われています。

これと比較すると、一般的にカロリー消費が多いと言われる水泳ですら消費できるカロリーはこの程度。

スポンサーリンク

やはり、運動と合わせて食事にも気をつけることがダイエットには欠かせない、と言う事が分かると思います。

運動するとお腹が減るので、その分食べてしまいがちですが、これをやると効果が薄れてしまう、というのは数字を見るとよく分かりますよね。600キロカロリーと言ったら、普通の食事一食分より少ないくらいのカロリーです^^

泳ぐ技術で疲労度も異なる

私、水泳を始めた当初は、一回プールに行って泳げた距離は、せいぜい10往復できるかどうかというくらいでしたが、それでもへとへとになりました。


水泳に通い続けると、泳ぎの技術が向上しますし、筋力もアップするので段々と楽に泳げるようになる、ということがあります。

そのため、単純に泳いだ距離やスピードだけで消費カロリーを計算するのは、実感としては少し違う感じもしています。初心者が1往復泳いだ時に消費するカロリーは上級者が1往復泳いだ時のカロリーときっと違うはずです。

ですので、上記に述べた一般的に言われている水泳で消費するカロリー計算は、あくまで一つの目安と考えた方が良いだろうと思います。

普段の生活が活動的になることで太りにくくなる

水泳を4年以上続けていて実感するのは、体力が向上したことです。

定期的に水泳を続けてきたことで、体力向上につながっており、普段の生活がより活動的に過ごすことが出来るようになったと実感します。

そのため、日常生活で消費するカロリーが増えて、太りにくくなったと感じます。

このように、水泳を続けていくと、泳いだことで直接消費するカロリーとともに日常生活で消費するカロリーの増加が期待できると考えられます。

水泳でどのくらい泳ぐと痩せる効果があるのか

よくプールに行くと、バシャバシャ水しぶきをあげながら全速力で数往復だけ泳いでやってすぐ帰っていく人がいますが、そういう泳ぎ方だとダイエット効果はほとんどないと思います。

今まで水泳を続けてきた私の実感としては最低でも30分できれば1時間以上、休み休みでも構わないので自分のペースで泳ぐことを続けていると、必ず徐々に効果が出てくると感じます。

ペースとしては、週3回くらい通えるとかなりの効果が期待できるペースと言えるかな、という感じで、最低でも週1回くらいのペースでは通いたいところです。

週一回より少ないペース(例えば月一)でも効果はあると思いますが、やはりなかなか上達しないし、その位のペースだと運動不足の解消にもならないでしょう。

水泳は継続して通い続けると、技術が向上して自然と長く泳ぐことが出来るようになりますし、体力もついていくのでより長く泳ぎ続けることが出来るようになると思います。

同時に、沢山泳げるようになることで日常生活がより活動的に過ごせるようになるので、よりダイエット効果が高まっていくということが言えると思います。

まとめ

どんなダイエット方法にも共通すると思いますが、水泳もやはり継続することが一番大事だと思います。

また、始めるときは意気込んでるので、頑張ってしまいがちですが、あまり張り切りすぎると続かなくなりってしまいます。

理想は最低でも週1回くらいの頻度ですが、続けることが出来る適度な頻度で通うことを心掛けるのがおススメです。

また、一回のプールで泳ぐ時間は最低でも30分くらいは泳ぐのが理想ですが、これも最初は無理せず疲れすぎないように気をつけるのがよいでしょう。

距離に関しては泳ぎの技術にもよりますので最初の頃はあまり気にしないほうがよいでしょう。

慣れてくれば自ずと沢山泳げるようになってくるはずです。

自分のペースで無理のないところから徐々に初めて行くのが一番です!

以上ご参考になれば幸いです。

ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。