ダイソーの珪藻土歯ブラシスタンド カビ対策やお手入れは?

湿気を吸収し、すぐ乾燥すると話題の珪藻土。

バスマットやトイレマットなどや、家の壁の素材など色々な材料として使われていて少し前から話題になっていますよね。

先日、ダイソーで珪藻土の歯ブラシスタンドを見かけたので試しに買ってみました^^!

スポンサーリンク

ダイソーの珪藻土歯ブラシスタンド

ダイソーの歯ブラシスタンド

ダイソーの歯ブラシコーナーに行くと、色々歯ブラシスタンドが並んでいます。

↓こちらはねこちゃんの歯ブラシホルダー。若干残念な商品でした^^;吸盤が弱いんですよね~。かわいいので少し改良して使っていますけど^^。

↓こちらもかわいいです。

↓一般的な歯ブラシスタンド。歯磨きチューブなんかも入れられるタイプです。

↓こちらも一般的な歯ブラシスタンド。

ダイソーの珪藻土歯ブラシスタンド

↓これはコップをかけるところがついてるタイプ。

↓そして、珪藻土の歯ブラシスタンド。色は3色あります。こちらは白。

↓こちらは青。

↓こちらはピンク。

シンプルな白を試しに買ってみました!

ダイソーの珪藻土歯ブラシスタンド カビ対策やお手入れは?

というわけで!

早速試してみます。

スポンサーリンク

↓真っ白でキレイ^^

↓きれいですね

↓ちょっと水を垂らしてみました。

↓おおおお、、、すぐ水が吸収されていきます。。。

↓あっという間に、水が沁み込んでいきますね~

歯ブラシを立てるとこんな感じになります。

↓うーん、いい感じです。

珪藻土って?

ところで、珪藻土ってどんな素材なんでしょうか?

珪藻は、植物プランクトンの一種で、珪藻土というのは珪藻の死骸が海や湖の底に堆積して、化石となったものをいいます。

世界中で産出され、古くからレンガなどに利用されてきました。世界的には、アメリカが一大産地として知られています。

日本でも色々な材料として使用されてきた材料で七輪、研磨剤、耐火レンガなどに使われてきました。産地としては、秋田、石川、大分などが有名です。

今では壁塗りに使われる建材としても人気です。

珪藻土は体に安全な素材で、食用とか薬の材料に使われたりすることもある素材です。

珪藻土歯ブラシスタンドのカビ対策とお手入れは?

珪藻土は非常に乾燥しやすい素材ですが、バスマットなどのように年中濡れた状態で使われる場合にはカビが生えたりすることがあります。

歯ブラシスタンドも、そういう意味では比較的濡れた状態で使われやすいので、カビには注意をした方が良いかもしれませんね。

(ただ、使い始めて2週間くらいたちますが、今のところ全くカビが生えそうな気配はありません^^)

お手入れ上注意するべきなのは、絶対に洗剤や石鹸で洗ってはいけない、ということです。

これをやると、珪藻土の特徴である、表面の無数の穴が目詰まりしてしまい、吸水性が悪くなってしまうためです。

カビが生えたりした場合には、なるべく早い段階で、紙やすりで表面を削って汚れの部分を落とすのが一番です。

カビキラーなども効果があるようですが、薬品でカビを殺菌する場合にはシミが出来てしまうことがあるのであまりお勧めできません。

とはいえ!

この歯ブラシスタンドであれば、一つ100円ですから、カビが生えてしまったりしたら買い替えてもよいかもしれませんね^^

まとめ

ダイソーの珪藻土歯ブラシスタンド、なかなか使い易くて良い品です!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。