ダイソーのつっぱり棒と壁面ガードと棚でトイレに600円で棚を作ってみた。取り付け方のコツ。

ダイソーで売っているつっぱり棒と、周辺アイテムを使ってトイレに棚を作ってみたら、総費用600円^^!で、結構ちゃんとした棚がが作れてしまいました。

スポンサーリンク

ダイソーのつっぱり棒と壁面ガードと棚

先日、トイレにちょっとした棚が欲しい、ということになり、とりあえず一番手っ取り早いツッパリ棒でうまく作れないかと考えて少し探してみたところ、ダイソーで買ったら安く仕上がりそうなので探してみました。

乗っけるのはトイレットペーパーとかウェットティッシュや洗剤を入れたかごとかくらいなので、そんなに強力なやつじゃなくてよいので安いやつでいいんですよね。

で、ダイソーの整理グッズのコーナーに行ったら、めちゃくちゃいろいろ置いてます♪

↓つっぱり棒は75センチ~200センチまで、いろいろあります。価格も強度に応じて100円から400円くらいまでいろいろ。

↓これは一番軽めのやつで一つ100円。

↓これも軽めのやつですね。50センチから70センチに伸びるやつです。

↓これは強めのやつ。4~5キロの重量に耐えるやつですね。一つ400円します。

↓これは小さいやつです。

うちのトイレは幅80センチくらいなので、70センチから100センチくらいまで伸びるやつにしてみました。

あと、棚と、壁面ガードを合わせて買いました。

ダイソーのつっぱり棒と壁面ガードと棚 600円でトイレに棚を作ってみた。取り付け方のコツは?

というわけで!

早速棚を作ってみます。

100円つっぱり棒2本と、壁面ガード2つ、棚を2枚のしめて合計600円なり。

これで棚が作れたら安いもんですよね♪

↓つっぱり棒。耐荷重1キロのものです。

↓棚2つ。

↓そして、賃貸住宅の場合特に壁に傷をつけないよう気を付けた方がよいので、これもあった方がよいかと^^。あと、やってみてわかったんですが、この壁面ガードは絶対にあった方がよいです!

つっぱり棒でトイレに棚を作る。取り付け方のコツなど

というわけで、早速作っていきます。

↓トイレのタンクの上あたりに、、、

スポンサーリンク


↓この部分に取り付けます。

で、コツ、というほどのものでもないですが、つっぱり棒を使った簡易的な棚作りとはいえ、やはり「きちんと図って正確な位置に取り付ける!」これが結構重要と思います。

↓というわけで、これもダイソーで買ったものですが、コンベックスメジャーを使って、、、

↓つっぱり棒を取り付ける位置をしっかり測って、ある程度正確に取付します。

↓マスキングテープや、なければセロテープとかでもよいですが、はがしやすいテープとかで、つっぱり棒を取り付ける場所をある程度正確に目印をつける。これが最大のコツです。

↓しっかり図って、取り付ける位置に目印を付けたら、取付作業にかかります・・・

↓この棚と、つっぱり棒が、サイズがぴったんこでした。

↓こんな感じで、ばっちりです。

↓そしてこの壁面ガードがめちゃくちゃいい仕事してくれました。

↓つっぱり棒とのサイズ感もばっちりです。

↓まずは、壁につけるジェル状の板をセッティングしていきます。

↓そして、ガード部分をその上にセッティング。

↓出来上がりはこんな感じです。

↓めちゃバッチリ仕上がりました。

↓しっかり計測して取り付けたので強度的にも全く問題ない感じです。

一点だけ残念だったのは、棚の長さがちょっと大きくて、2枚並べて置けない点でした涙。

もうちょい小さいのを追加で買ってこようと思います。

まとめ

ダイソーで買ったつっぱり棒のセットを使ったら、全部で600円しかかからず結構ちゃんとした棚が作れてしまいました。

これはめちゃくちゃ良い仕上がりになりました!

以上ご参考になれば幸いです。

ありがとうございました。

スポンサーリンク