糖質制限ダイエットにチャレンジ スイーツをやめてみた

このブログでもちょくちょくコンビニスイーツの記事を書いていますが、私、大の甘党で、チョコレートやクリームとか大好きです。

これは結構若いときからそうでして、しかも食事では白米が大好き、といういわば炭水化物ジャンキーです^^

しかも、最近、このブログに載せてる通り、コンビニスイーツがうまいことに気づいて良く買うようになり、さらに甘いもの食べるのに拍車がかかってるような気がしています。

ちょっと体重がまずいなーと感じるようになってきたのと、若干、これって甘いものが好きというよりは、糖質依存症なんじゃないかと思うようになり、しばらく甘いものを食べない生活をやってみようと思い立ちました。

糖質制限ダイエット

甘いものを食べると体で何が起こるの?

糖質を取ると体にどういうことがおこるのか、ダイエットをするにはどうすればよいのか、色々調べてみました。

結論から言うと、ダイエットするには、摂取カロリー<消費カロリー、ということを地道にやっていくしかない、ということに至りました^^

消費カロリーを多くする、というのは有酸素運動をやるのがよい、とよく言われて、私も水泳とかウォーキングとかをやるようにしていたんですが、実はダイエットには筋トレのほうが効果があるようです。

というのも、筋肉が付くと、それだけで消費カロリーが多くなるんですね。

有酸素運動も健康上、大変大事ですが、ダイエットという観点から行くと有酸素運動はやっている間だけはカロリーを消費しますが、やはり持続的に消費カロリーを多くするには筋肉をつけたほうが効果的なようです。

実は、今でも健康には多少気を使っており、週末スポーツジムや市民プールに行って水泳やランニングをやったり、毎食野菜をたくさん食べるようにしたりしています。

でも、年を取るとなかなか体重とお腹のお肉が落ちなくなってくるのを実感しています涙。

調べてみると糖質というのはかなり依存性が強く、人によっては甘いものを食べないとイライラするようになったりするそうです。

これは、血中の糖分(血糖値)の増減に原因があるということが分かりました。

インシュリンの働き

炭水化物や砂糖などの糖質を取ると、糖が血液に取り込まれて血糖値が上がります。

これがエネルギーのもとなので血液中の糖分というのは大変大事ではありますが、多すぎると今度は体に負担がかかってしまいます。

これを抑えるためにインシュリンという酵素が膵臓(すいぞう)から分泌されます。

血中の糖度が高すぎるままだと体に負担がかかるためそれを抑える働きがインシュリンにはあるんです。

インシュリンが働くと、今度は血中の糖度が低下しはじめ、行き過ぎると低血糖状態になるのですが、この低血糖の状態というのがイライラの原因になったりすることがあるそうです。

で、また甘いものを食べたくなるという、、、無限ループに入るわけですね~、、、

そしてインシュリンの効果で、血中にある無駄な糖分というのが脂肪に置き換えられ体に蓄積される、ということがおこります。

甘いものを食べ続けると糖尿病になる

このインシュリンというのは、膵臓で作られるのですが、いっつも甘いものとか炭水化物とかばかり食べていると、しょっちゅうインシュリンを作らなくてはならなくなり、段々膵臓の働きが弱ってしまうんです。
インシュリンが十分に分泌されなくなると、血液中の糖分を低下させることができなくなります。
これが糖尿病です。
血液中の糖分が多すぎると、血管を痛めたり体のあらゆる部分に負担を及ぼすようになるため、糖分を排出するために尿に糖分が溶け出してくるんだそうです。
おーこわ、、、

スポンサーリンク

現状、どのくらい甘いものを食べているか

まず、私の現状スペックを申し上げますと、、、

私の年齢は、今現在40代半ば、体重71~72キロです。

若いころのベスト体重は63キロくらい、その頃より筋トレで多少筋肉はついてるかもしれませんが、体重はかなり過多の状態かと思います。

一日に食べてる甘いものの量としては、

日中:キャラメルとか、チョコレートを仕事中に1箱、もしくは一袋、くらい。

夜 :食後に、チョコレート菓子とか、コンビニのスイーツを一つ

お酒:今は、外で飲む機会がだいぶ減り、家で飲むことが多く、週に3~4日、飲むときは、ビール500m×1と、チューハイ350m×2本くらい。

お酒を飲むときは、夜の甘いものは食べなかったり、ということは気をつけています。

これらの、いわば余計に採っている食べ物飲み物、カロリー的に、ざっと計算すると、、、

日中の甘いものが300キロカロリーくらい、夜の甘いものか酒が、300~400キロカロリーくらい、で合計600~700キロカロリーくらいは、普通の食事プラスアルファで、甘いもの+酒をとっているんじゃないかと思います。

と、ざっくり計算しただけでも恐ろしいくらい、余分に甘いものを食べてるんだな、、、と改めて思いました。しかも、ほぼ毎日なんで、これじゃ痩せる訳ないですよね、、、

私の糖質制限ダイエット

一般的には、糖質制限ダイエットというのは、ご飯とかの炭水化物も制限するなど、甘いものをやめるだけではなく一日にとる糖質の量を大きく減らすことを言うようです。

ただ、私の場合まずは今まで毎日のように食べていた余計な、甘いお菓子と酒を一切やめることをやってみたいと思います。

これだけで、最低でも一日300~500キロカロリーくらいは、摂取量が減らせるのではないかと思います。

厳しく糖質制限をすると、疲れやすくなったり頭の働きが鈍くなってしまったり、少し弊害がありそうなので、無理しないところからやってみることにします。

若干甘いかもしれませんが、ご飯やイモなどの炭水化物は普通に食べてOKという、食事は普通にとる、ということでやっていきたいと思います。

でも、大の甘党の私からするとこれだけでも結構厳しいんですが、、、涙

糖質制限ダイエットにチャレンジしてみる

実は、すでになるべく甘いものを減らす、ということはやってみているんですが、(ここ2週間くらい)、今までは我慢したからご褒美、とか言いながら、数日我慢しては甘いもの食べる、、、みたいな感じだったので、そこは少し厳しくして一切甘いお菓子は食べない!ということを2週間くらいやってみようと思います。

これにより、どのくらい体に変化が出るのか、、、変化があれば記録として記事を書いてみたいと思います。

まとめ

他の方のブログなどを色々見ると、お菓子や清涼飲料水などに多く含まれる砂糖はかなり依存性があり、抜け出すには少し時間がかかるようですね。

ただ、一旦体から糖質が抜けると、味覚が変わったり、疲れにくくなったり、など大分体に変化が出るようなことを言ってる人が結構います。

さて、どのくらい効果があるのか楽しみです^^/

以上ご参考になれば幸いです。

ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。