ダイソーの冷感ブランケットの使い方 クーラーの冷え過ぎ対策を!

今年は梅雨明けと同時に、ものすごい暑さになってきましたね。

昨年も「酷暑」とかよく言われていましたが、今年も同じくらいの暑さなんじゃないでしょうか。

もはや危険なレベルの暑さです。

年々夏の暑さが厳しくなっていくような気がするのは気のせいでしょうか(;^ω^)?

ところで、外が暑いときというのは建物内はクーラーが強設定になるからだと思いますが、めちゃくちゃ寒かったりすると思います。

特に暑い日は、薄着になりがちなので、クーラーの冷気がより体にこたえます。

というわけで!

ダイソーで、クーラーの冷え過ぎ対策グッズを探してきました。

スポンサーリンク

ダイソーの冷感ブランケットの使い方

体温が下がると起こるよくないこととは?

人の体温は、個人差がありますが、大体36.5℃くらいが適温といわれています。

体温がこの適温にある時というのが、体内の酵素などが最も活発に働き、免疫機能や基礎代謝機能が維持され、体調が整えられる状態が作られます。

そして、体温が一度下がるとその影響は大変大きく、こういった体の調整機能が低下することで、風邪をひきやすくなる、太りやすくなる、アレルギー症状が出やすくなる、などいろんな不具合が出てきます。

また、ヒトの体(というかいきもの全般ですね^^)は大変よくできていて、寒いときは体温をあげ、暑いときは体温を下げる、という調節機能が備わっており常に体温を適温に保とうとしているんです。

ところが!

夏場に、暑いところからクーラーがガンガン効いたところへ入ったりすると、この体の調節機能が追い付かなくなってしまうんです。

暑いところにいるときは、汗をかいたりすることで何とか体温を下げようと体が頑張っていたのに、急にクーラーが効き過ぎたところへくると今度は体温をあげる方向へ体が調節しようとすることになり、しまいにはこの体温を調整する機能がマヒしてしまうのです。

で、クーラーの効き過ぎで体が冷えてしまうと、いろいろな不調が出てきてしまうんです。

特に、会社勤めしている方は、オフィスの冷房の効き過ぎが気になりところですよね。

うちの会社も建物が古いからか、どうも空調が微調整ができないみたいで、冷房が効きすぎるんです(逆に冬場は暑いという・・・^^;)。

冷気にずっと当たっていると、腰が痛くなったり、頭が重くなってきたり、ホントに体調が悪くなってしまうので、こういうブランケットとかで体が冷えすぎないよう注意しています。

スポンサーリンク

夏場にクーラーの利き過ぎで、体が冷えすぎると、太る原因にもなりますので、十分注意が必要です。

ダイソーの冷感ブランケットでクーラーの冷え過ぎ対策を!

というわけで!
↓ダイソーでブランケットを探してきました。何種類かデザインがあります。

↓袋に小さい穴が開いてて、生地が触れるようになってます。触ってみると結構しっかりした感じの生地です。値段は300円。ダイソーにしてはちょっと高いですが、生地がかなりしっかりしてそうで、なかなか高級感があるのでまあよいかなと^^。あんまり安っぽいと会社でつかえませんからね~

↓こちらを買ってきました^^!

↓袋から出すとこんな感じ。

↓生地がかなりしっかりしてます。ペラペラの安っぽいのだとちょっとカッコ悪いですからね~^^!

↓広げると大きさはこんな感じです。新聞紙くらいの大きさでしょうか。膝とかにかける分には十分な大きさです。

↓使い方^^。

まとめ

夏も本番です。

夏休みに元気に遊んだりして過ごすためにも、日ごろクーラーで体調壊したりしないよう十分注意したほうがよいと思います。

せっかくの休みに体調不良で寝込んだりしたら残念過ぎますよね!

以上ご参考になれば幸いです。

ありがとうございました。

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。