ダイソーのエッグタイマーの使い勝手は?半熟卵が簡単に作れる!

卵って美味しいですよね!栄養価も高くて完全食品と称されることも。

よくボディビルとかやる人が筋肉作るために卵をめちゃ食いする動画があったりします。

そういえばロッキーも朝起きて、トレーニングに行く前、生卵の一気飲みしてましたよね~!

でも!

普通の人は生卵じゃなくて、茹で卵とか調理した卵を食べることが多いと思います。

今回は茹で卵を簡単に作れるダイソーのエッグタイマーを試してみました。

スポンサーリンク

ダイソーのエッグタイマーの使い勝手は?

私、卵サンドが大好きで、以前はよくコンビニで買ってました。

コンビニの卵サンド、一番美味しいのは、ファミリーマートの気がしています^^!

でも、休みの日に一度作ってみたら、コンビニで買うサンドイッチの10分の一くらいの材料費で作れちゃうのが分かり、最近は自分で作るようになりました。

自分で作ると、卵入れ放題!そして具も色々試せる!なので、好みの具材を卵と一緒に入れて卵サンドを楽しんでいます。

↓一例です。トマトと、チーズを一緒にはさんだ卵サンド。パンは少し焼いたほうが好きです♡。これはめちゃウマですよ~。

自分でやってみて知ったんですが、卵って、意外と長く茹でないと固ゆでになりません。

それと、半熟卵。これが結構難しいんですよね。うちのかみさんは上手なんですが・・・(-_-;)

というわけで!

ダイソーで売っていた、エッグタイマーを試しに買って使ってみました。

ダイソーのエッグタイマーの使い勝手。半熟卵が簡単に作れる!

↓というわけで、買ってきました^^。

↓箱から出すとこんな感じです。丁度卵と同じくらいの大きさ。ひよこの下のピンク色の部分の色が変わるんだそうです。

↓(・_・D フムフム。一応使い方も確認です。

↓横から見るとこんな感じ。

↓では、早速使ってみます^^!

↓鍋へ卵と一緒に投入~。

↓茹で卵のコツは、強火で茹ですぎないことですよね!急いでるとつい強火にしてしまうんですが、それをやると卵が割れてしまうことが結構あります。なので、中火で少しゆっくり茹でて、沸騰したら弱火にします。

スポンサーリンク

↓お湯が沸騰したら弱火に!

↓すると、、、沸騰した直後くらいに「SOFT」の部分の色が白くなってきました。

↓沸騰してから2~3分くらい、水の状態から7~8分くらいで、今度は「MIDIUM」の文字が白に・・・

↓この状態の時一個取り出してみました。めちゃうまく半熟卵が出来ました!

↓半熟卵って、このぐらいのタイミングで取り出すとうまくいくんですね~。いやー、我ながら感動・・・^^!美味しい~!

↓そして、残りはそのまま茹で続け、「HARD」の文字が白くなってもう少し長めに茹でました。茹で始めから15分位でしょうか。

↓できた卵は、卵切り器で切って・・・(これもダイソーです^^)

↓うまく茹でれました!

↓マヨネーズであえて、、、

↓サンドイッチに!

↓我ながら上出来!^^!

ダイソーの、エッグタイマー、これはめちゃ便利。特に半熟卵を茹でるときに抜群の効果ありますね。固ゆでにするときは、少し長く茹でれば確実に固ゆでになりますが、半熟卵はタイミングが命。このエッグタイマーがあれば、半熟卵も簡単に作れちゃいます!

まとめ

ダイソーのエッグタイマー、半熟卵を作るのが苦手!という方にはめちゃくちゃお勧めです!

これがあれば、簡単に半熟卵が作れますよ!

以上ご参考になれば幸いです。

ありがとうございました。

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。