ダイソーのペットボトルダンベル×2個で8キロ!手軽に筋トレ

先日ダイソーに行った時なんか面白い商品は売ってないかな、、、とウロウロしていたら・・・

ありました!!

筋トレ用のアイディア商品です。

スポンサーリンク

ダイソーのペットボトルダンベルの使い勝手は?

ダイソーって、意外と筋トレグッズが色々売ってます。

トレーニング用のグッズってスポーツ用品店とかで買おうとすると高いですよね。

こんなものがこんな値段するの?

みたいなものが多くて、せっかくショップに行ってもいざ買おうとすると買う気がうせてしまうことが多いです。

が!

ダイソーなら大半のものが一つ100円なので安心。しかも、試しに買って使ってみるかなーという気になるものが結構沢山あるのでいいですよね。

↓ハンドグリップは結構種類が豊富。これは全部一つ100円です。

↓縄跳び用ロープも結構いろいろ置いてます。これもひとつ100円。

↓ダンベルもあります。


学生の頃はダンベル買って一生懸命筋トレしてた時期もあったなーと、ちょっとなつかしくなりました。ダイソーのダンベル、安いし、試しに買ってみるかな、、と思ったりしましたが、一番重いのでも2キロしかないのでちょっと軽すぎるかな、、、と思ってみたり。

しかも、ダンベルって、使わなくなると、重くて邪魔なだけなんですよね^^;捨てるのも結構苦労するんです^^;

ところが!

なんと、ペットボトルをダンベル代わりに使う器具をダイソーで発見!

若干チープ感漂いますが・・・笑

でも、実はペットボトルって筋トレグッズになりえるんですよね~^^

2リットル入りのペットボトルって一本だと軽すぎますが、2本だと4キロになるのでまあまあ使えそうです。

面白そうなので、使えるか試しに買ってみました。

ダイソーのペットボトルダンベルで手軽に筋トレ!

というわけで!

早速買って持って帰ってきました。

↓確かに、重りのペットボトルを外せばしまうのも楽です。しかもペットボトルなら処分も楽。

↓プラスチック製なので強度が若干心配な気がしましたが、使ってみたら全く問題ありませんでした。

↓(・_・D フムフム一応使い方を見ておきます。とくに難しいところはないですね。

スポンサーリンク

↓早速使ってみます。2リットル入りペットボトルに水を満タンに入れたのを用意。

↓おおおー、、つなげるもの簡単、楽ちんです。

↓4キロだと、まあまあの重さ。トレーニングにもよりますが、十分使える感じです。4キロくらいなら強度的にも全く問題ないですね。

↓これなら、そんなに邪魔になりません。このまま部屋の隅にでも置いておけば問題なさそうです。

持つ部分の太さが丁度良くて、これ、結構使い易い感じで、なかなか良いです!

ダイソーのペットボトルダンベル 2個使えば8キロ!

↓その後、結構使い易かったので追加で3つほど買って今4個使っています。ピンク2個と青2個^^。4個買っても400円!^^! うーん、安上がりのトレーニング器具です^^。

↓2個同時に使えば約8キロになるので、まあまあ普通に鍛えられる感じ。このくらいだと丁度いいですね。やっぱり1個だけだとちょっと軽すぎます。2個いっぺんだと、若干持ちにくくなりますが、何とか使える感じです。

ダイソーのペットボトルダンベルに使い易いおすすめのペットボトルは?

で、色々試してみたところ、このペットボトルダンベルに使い易いペットボトル、というのがあるのが分かりました。

↓それはこちら!セブンイレブンの天然水のペットボトルです。

最近のペットボトルって、ちょっと柔らかめというかフニャフニャしてて潰しやすいのが多いと思いますが、こちらのペットボトルは昔ながらの(^^?)ハードタイプ。ダンベルとして使う際、こちらの固いペットボトルの方が多少乱暴に扱っても大丈夫なのでおススメ。

また、もう一点おすすめの理由としては、、、

↓他のペットボトルだと、きちんと締めた時、横向きになってしまうのですが、

↓このセブンイレブンの天然水だと、きちんと締めた時に丁度縦むきの平べったい方向でしまるので、持った時に持ちやすくなります。

特に二つ同時に持って使うときには、このセブンイレブンのペットボトルだと平べったい方向になるので、持ちやすくていいです^^

あと、この天然水だと、一本100円と安いのもおすすめ理由でしょうか。

と、細かいおすすめポイントですが、一応書いておきました^^

まとめ

ペットボトルに、砂とか小石とか入れればもう少し重くできそうです。(あんまり重くすると強度が心配ですが)

これはなかなかお得な良い商品だと思います!

家でのトレーニング器具として毎日使っています。

以上ご参考になれば幸いです。

ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。