水泳ダイエット注意点 プールの水は飲むと危険?塩素濃度は?

ダイエットや健康のため水泳をやろうと考えている方やすでに取り組んでいらっしゃる方は多いと思います。

ところで、プールって大勢の人が入れ代わり立ち代わり入りますよね。

汚くないんでしょうか?

特に夏場の市民プールとかになると、ちびっ子も沢山来ていて、水が濁っていることも。。。

今回はプールの水が汚いのか、飲んでも大丈夫なのか、そして、消毒のために使われてる塩素ってどのくらいの濃度でどのくらいの殺菌効果があるのか見てみたいと思います。

スポンサーリンク

水泳ダイエットの注意点 プールの水は汚いの?飲むと危険?

あんまり神経質になりすぎるとそもそもプールなんて行けなくなってしまうかもしれません。

でも、プールの水ってきれいなんでしょうか?

泳いでるときに水を飲んじゃうことって結構あると思います。

飲んで大丈夫なのか、危険はないのかちょっと気になりますよね。

プールの水に混ざってると考えられるもの

プールの水に混ざってると考えられるものはどんなものがあるのでしょうか?

プールの水に混ざってると思われるものは、

・尿、糞
・汗、皮脂
・唾液、鼻水
・血液

・各種雑菌
・日焼け止め、整髪料
・香水、化粧

などなど。

因みに、これを聞くとちょっとプールに入りたくなくなりますが、意外とプールの中でオシッコしちゃう人って多いらしいです。

しかも子供じゃなくて大人です!^^;

年代によっては男女ともに3~4割くらいの人がプールの中でオシッコした経験がある、という統計もあるそうです。

それと、市民プールみたいな子供が多いプールでは、ちびっ子が結構やらかしちゃうこともあるんですよね^^;

私も、一度遭遇したことがあります。

休憩時間中に、監視員のお兄さんが大慌てで網を持ってきて、何かをすくってるんです。

遠かったので良く見えませんでしたが、エリア的にはちびっ子が遊ぶエリアでしたので、おそらくアレでしょう・・・^^;

しばらく、休憩時間が延長された後、再開されましたが、ちょっと水に入る気にならずその日は帰りました・・^^;

と、まあ、沢山の人が泳いでるとき、また、ちびっ子が多い夏の時期なんかは、プールの水は、結構汚いと考えた方がよいと思います。

プールの水は入れ替えしてるの?

ところで、、、

プールの水って時々入れ替えしてるからきれいだよね?!汗

なんて、考えてる方もいるかもしれませんが、プールの水を入れ替えするとかかる金額ってご存知でしょうか?

8レーンくらいある普通の25メートルプールだと、一回水を入れ替えると数十万円かかるそうです。

そんなに頻繁に水の入れ替えをしていたら経営が成り立たなくなってしまいますので、屋内式のプールでは年1回以下、屋外式のプールでは年一回程度(学校でプールそうじってあったと思います)、程度しかプールの水は入れ替えされていないのが実態のようです。

スポンサーリンク

ただし!

今のプールは、浄化施設がついていて、常に水をキレイに浄化しているのでご安心を!

厚生労働省が、プールの運営上順守すべき、衛生基準・安全基準というのを定めていてそこには、1時間に全体の6分の1の水を浄化処理することが義務付けられているのです。

夜間に浄化設備を停止する施設の場合には、さらに厳しい条件が付けられます。

因みに、厚生労働省の衛生基準というのはこちらです。⇒https://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/seikatsu-eisei01/pdf/02a.pdf

大腸菌はゼロが義務付けられていたり、水質チェックの頻度、各物質の濃度など、かなりきめ細かく順守すべき事項が決められていて、これを見ると可なり安心できます^^!

なので、プールというのは、水の入れ替えはしていないものの、水のメンテナンスはしっかり行われている、ということなんですね!

ちょっと安心ですよね。

そういえば確かに、朝一でプールに行くと、水が凄く綺麗なことが多いと思います。

営業が終了してから、夜間の間は人が入ってこない状態で水の浄化がされるので、朝一は水がキレイということなんだと思います。

キレイな水で泳ぎたければ、朝一でプールに行くのがおすすめですよ!^^

プールの水は飲むと危険?

というわけで、、

プールの水がそんなにきれいじゃないのは分かりましたが、では、飲んでも平気なんでしょうか?

結論から言うと、大丈夫ですが、ゴクゴク水分補給するくらいの勢いで飲むのはやめておいた方がよいでしょう、ということになります。

塩素で殺菌処理がされているので、あぶない菌(大腸菌とか)は消毒されていますが、塩素が効かない菌もいたりしますのでなるべく飲まないほうが好ましいと言う事が言えると思います。

それに、菌じゃないけど上に書いたような汚物が凄ーく薄い状態ではありますが混ざってることを考えると、飲んで気持ちいいものではないですよね^^;

ちなみに、塩素については、体に害が及ぶほどの濃度ではないので、ちょっとくらい飲んでも大丈夫です。

水泳ダイエット プールで使われる塩素の濃度ってどのくらいなの?

プールは、感染症の予防や水質維持を目的に、殺菌効果のある塩素が使われています。

プールというと、塩素の臭い、、というイメージがどうしてもあると思いますが、ではどのくらいの塩素の濃度なんでしょうか?

これも、上述した衛生基準の中に定められているのですが、プールの塩素濃度の基準は、0.4mg/L~1.0mg/L、を守ること、と言う事になっています。結構幅がありますよね。

で、これはどのくらいの濃度なのかですが、水道水の塩素濃度には別の定めがあって、必要最低限の0.1mg/L以上0.4mg/L以下、と定められています。

つまり、プールの塩素濃度は、水道水とほぼ同じくらいから10倍程度、と言う事が言えるのです。

プールというと消毒用に高濃度の塩素が使われているイメージがありますが、水道水と同じくらい、と聞くと意外な感じを受けますよね。

ちなみに、プールに行った時に気になる、あのいわゆる「塩素臭」ですが、実は塩素そのものは臭いがない物質なんです。

塩素が水中の汚れなどと反応してできる別の物質があの臭いの原因なので、あの「塩素臭」がひどいプール、というのは汚れがひどいプールと言う事が言えるので、注意が必要かと思います。

そういえば、ちびっ子でごった返している夏場のプールは、あの臭いがひどいですよね。

まとめ

プールの水は厳しい衛生基準の下で管理されているので、泳いでるときに少し飲むくらいは全く問題ない水質と言う事が言えるでしょう。

過度に心配しすぎる必要はないので、安心して水泳を楽しんでいただければよいと思います!

以上ご参考になれば幸いです。

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。