宮ヶ瀬ダムへ行ってみた。車でのアクセス、観光放水や周辺のおすすめ

こんにちは。

すっかり初夏の陽気のような気候になりましたね。

この時期は、車に乗っても、クーラーも暖房もいらなくて、ドライブに最適の季節だと思います。

また、夏本番になるとどこに行っても渋滞がひどくて正直車にはあまり乗りたくなくなりますが、この時期はそんなに道路もこんでなくて快適なドライブが楽しめるので好きな季節の一つです。

で、先日、神奈川の西北にあります、宮ヶ瀬ダムへドライブで遊びに行ってきました!

スポンサーリンク

宮ヶ瀬ダムへの車でのアクセスは?

休日、家族でどこか行こう、という話になり、あんまお金かけずに楽しめる、日帰りできる、子供も遊べる公園が近くにある、、、とか条件を整理していったところ、大抵の公園はすでに行ってしまっている中、子供がダムを見たい!と言い出しました。

えー、、ダムで遊べる公園とかが近くにあるところなんてあるかいな?と思って探したところ、意外と近くにあるじゃないですか!

その名も宮ケ瀬ダム!

というわけで、宮ヶ瀬ダムへ行ってみることになりました。

宮ヶ瀬ダムは相模川の支流にあたる中津川上流にあるダムです。

相模川流域の水源として活用されているので恐らく日ごろお世話になってるはず、、、うーむ、今まで知らんかった(;^ω^)

距離的にも平塚から40キロ程度、と程よい近さです。

横浜からでも50キロ弱です。

正直こんな近くにあるダムなんてショボいんだろーな。。。とあまり期待せずだったんですが、、、

行ってみた感想は、素晴らしかったです!!!

こんな近場にこんな場所があったとは驚きました。

事前に見ていたホームページに、「観光放流」なるものが、毎週水曜と、毎月第2日曜にある、と書いてあったのを見て、ダムの放水なんて見てもしゃーないしな。

と高をくくっていたのですが、、、このダムの放水ならきっとすごい迫力だと思います。

行った日が放流の日じゃなかったのが残念でした。

是非、「観光放流」の日に合わせてもう一度行ってみたいと思ってしまいました。

↓パンフレットです(もらってきました)。

ダムを見ていて、このダム、なんかウルトラマンの舞台になりそうだなー、、と一人で思っていたら、なんと、このダム、ウルトラマンネクサスの撮影に使われていたそうです。

因みに、この宮ヶ瀬ダム、ダムのスペック的には関東でも3本の指に入る貯水量のダムだそうです(奥多摩ダムや八木沢ダムに次ぐ)。

スポンサーリンク

宮ヶ瀬ダムの周辺スポット、服部牧場

この日のルートは、平塚→服部牧場→あいかわ公園→宮ケ瀬ダム(お昼は弁当持参)。

という感じで考えて出発しました。

宮ヶ瀬ダムだけだと、ちょっとショボかったりしたら子供たちがブーブー言い出すだろうということで、一応バックアップ的に近くに牧場があったので寄ってから行ってみようという感じです。

そうしましたら、、、、なんと!!

服部牧場も素晴らしかったです!!!

むしろ、ここだけでも十分満足できちゃうスポットでした。ちびっ子たちは、動物にふれあえて大満足!

しかし、牛や馬のデカいこと。。。(因みにちょっと臭いデス笑)

服部牧場については別途記事を書きたいと思います(長くなっちゃうので。。。)。

一応写真だけ載せますと、、、こんな感じでした。

↓羊さんたち

↓この日は空が青くてきれいでした~

↓牛ってホントでかいです

宮ヶ瀬ダムの周辺スポット、あいかわ公園

服部牧場へ寄った後、宮ケ瀬ダムへ向かいました。

当日のドライブコースとしては、平塚から国道129号線を北上し、厚木を過ぎたあたりから412号線に入りあとは道なり、と非常にわかりやすい道です。

↓当日のコース

このコースで行くと、宮ヶ瀬ダムの手間に服部牧場やあいかわ公園がありまして、服部牧場を出た後、あいかわ公園にへ向かいました。

スポンサーリンク

あいかわ公園から歩いて宮ヶ瀬ダムへ行ける、とのことなので、あいかわ公園の駐車場へ車を止めて公園で少し遊んだ後、宮ヶ瀬ダムへ行ってみることにしました。

あいかわ公園も結構大きい公園で、ここだけでも一日遊べる感じです。というかむしろ子供たちにとってはこの公園だけで十分という感じ。。。

駐車場を出て小さい橋を渡ると、少し広めの広場に出まして、ここでたくさんの人たちがテントはっていました。うおー、今日はテントなんて持ってきてない。。汗

その奥には子ども広場があって、ふわふわドームというのがあり、子どもたちはこれがかなりのお気に入りになりました。

またその奥には、冒険の森というのがあり、アスレチックなどの子供用の遊具がかなり充実しております。

特にお子さん連れなら、あいかわ公園も、めちゃくちゃ楽しめます!!!

宮ヶ瀬ダムの観光放流

一応、この日はダムを見に来たということもあり、しばらく公園で遊んだ後に宮ヶ瀬ダムに行ってみることにしました。

あいかわ公園の中央広場から、その名も「愛ちゃん号」という、ロードトレインが宮ヶ瀬ダムまで走っています。

大人200円、子供100円(片道)。真っ赤な汽車のデザインで、なんかディズニーランドっぽい雰囲気です。

因みに、福原愛ちゃんとか、宮里藍ちゃんとか、有名人にちなんだネーミングなのかと思ったら、愛川町の愛ちゃんだそうです。納得。笑

ただ、そんなに距離もなさそうなので、行きは歩いて行ってみることにしました。

距離にして5~600メートルくらいだったかと思います。子供でも十分歩ける距離。

で、しばらく下りの道をスタスタ歩いていき右に曲がっていくと、山影からダムの姿が。。

!!!!

で、でかい!

すごい迫力です。びっくりしすぎてダムの遠景写真を撮り忘れました涙

パンフレットによれば、ダムの高さは156メートルとのことで、これ、ウルトラマンなんかより全然大きいです。(因みにウルトラマンは大体40メートルくらい)。

最初に目に入ってきたのは結構遠い場所からなんですが、それでもものすごい迫力。近くによると、見上げる高さです。

いったいどうやって作ったんだろう、、と、その土木技術とか現場で働いていた人とかのレベルの高さを思うと一人感動してしまいました。

ダムの両端に階段があって、この階段で登れるのかな?と思ったらこちらは、立ち入り禁止。なんかあったときのための非常用階段のようです。

ダムの上へは、インクライン、という乗り物と、エレベーターの両方がありまして、インクラインを往復で購入しました(因みに往復で大人300円、子供150円)。

インクラインはダムの斜面に沿って設置された乗り物で、結構混んでます。乗った感想としては真上に昇っていく印象でしたが、斜角35°だそうです笑

ダム建設時には、ダムの斜面に3本インクラインが建設され、クレーンやダンプカーを上げたりするのに使われたそうです。いやー、すごいですね。

ダムの上に上がると、、、水が満々と蓄えられてます。この水をダムでせき止めてるのか、、と思うとちょっと怖くなりました。
↓水が青くてきれいです。ちょっと神秘的というか吸い込まれそうな色というか、、

↓展望台から見たインクラインの線路

↓展望台からの景色

県の方でも積極的に観光資源としてダムの活用を推進しているらしく、ダムの放水を観光資源に使おう、ということで定期的に「観光放流」を行っているそうです。

この放水路から放水される姿って、ものすごい迫力なんだろうな~、と一度見てみたくなってしまいました。

宮ヶ瀬ダムへのおすすめコース

上にも書きましたが、当日のコースです。

平塚を朝10時ころ出発し、11時ころ服部牧場へ到着。

一時間くらい遊んだ後、あいかわ公園へ。ここで、お弁当を食べてしばらく公園で遊んだ後、ダムへ向かいました。ダムまでは行きを歩いて、ダムについてからもウロウロいろいろ回ったりしまして、戻りは愛ちゃん号で戻りました。

あいかわ公園へ戻ってからは少し休んだり、飲み物飲んだりして、公園を出たのが16:30くらい。

帰りは、行きとほぼ同じ経路をたどりまして、平塚の自宅へ到着したのが、夕方18:00前頃でした。

あと、当日かかった費用ですが、

服部牧場:駐車場は無料。ソフトクリームやジェラードを購入。一人360円×4人

あいかわ公園:駐車場480円

宮ケ瀬ダム:インクライン大人300円(往復)×2+子供150円(往復)×2

愛ちゃん号:大人200円×2(片道)+子供100円(片道)×2

計3,420円

ガソリン代は往復80㌔として、2000円弱くらいでしょうか。

(このほか、おみやげ、軽食代とかがかかってます)

まとめ

というわけで、当初全く期待せずに行くことになった宮ヶ瀬ダム。途中に行った服部牧場といい、あいかわ公園といい、想定外の素晴らしさで、すっかり魅了されてしまいました。ちょっと一度で全部行ってしまってもったいなかった感もあります。

子供連れなら、服部牧場→あいかわ公園がよいのではないかと思います。

ダムも、すごかったし、私はめっちゃ気に入りました。

が、子供たちは公園でもっと遊びたかったようです。

観光放流は是非見てみたいのと、宮ケ瀬ダムへ行く途中の中津川沿いにニジマス釣り場(中津川マス釣り場)もあり、このエリアは是非もう一度行ってみたい場所となりました。

以上ご参考になれば幸いです。

ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。