ダイソー使い捨てビニール手袋の使い勝手は?料理や毛染めに

普段の食事の用意や片付けって毎日のことだし大変ですよね。

特に手が荒れてたりすると、片付けの食器洗いが結構しんどいことがあったりすると思います。

そんなとき、便利なのがビニール手袋。

ダイソーに行ったとき、100枚入りのお得な使い捨てビニール手袋を見つけて買ってみました!

スポンサーリンク

ダイソーの商品

料理に限らず、掃除、毛染めなど、手が荒れているとちょっとしんどくなる家事に気軽に使えて良い商品です。

とにかく100枚入り、とたっぷり入っているので、使い捨てですがかなり使いでがあります。

↓おすすめはこちら、薄手タイプです。

↓厚手タイプもあります。こちらは40枚入り。

ダイソーの使い捨てビニール手袋の使い勝手は?

みどりの箱と青の箱の2種類を購入。

↓青色のはちょっと前に買ったもので「透明タイプ」と書いてあります。

うちで使ってるのは、100枚入りの薄手タイプで、御皿洗いや、毛染めなど普通の家事であれば厚さはこれで十分な感じでした。40枚入りのは使ったことがまだないですが、100枚入りの方が断然お得な感じがします。

ダイソーの使い捨てビニール手袋は料理や手染めに便利!たっぷり入ってお得

↓使ってみました。

↓裏面にエンボス加工がしてあって、中で手が滑りにくくなってます。ビニール手袋って、厚い奴だとつけるとものを触ったときの感触が鈍くなりますが、この手袋は非常に薄いので、手で物を触ったときの感触がかなり伝わりやすいです。ただ、乱暴に扱うと薄いので破れます(当然ですよね~!)

スポンサーリンク

↓驚異的な薄さです。

↓手にはめるとこんな感じ。

ダイソーの使い捨てビニール手袋の使い勝手は?

使い捨て出来る便利さ

使い捨てじゃないビニール手袋だと、使った後、表面を良く洗って乾かして、とお手入れが結構面倒ですよね。それに内側が蒸れて臭くなるし。

でも、この使い捨てビニール手袋だと、一回使ったら捨ててしまえばよいので、お手入れを気にする必要がありません。

食事の用意、特に、片付け時のお皿洗いのときには手が荒れなくて非常に便利ですよ!

それと、毛染めの時にも便利です。

私、時々カラートリートメントをするのですが、素手でやるとどうしても手に色がついてしまって気になりますが、この手袋を使うと気にせず安心してカラートリートメントを使うことが出来ます。

濡れても滑らない!

あと、ビニール製なので濡れたら滑るんじゃない?と心配されるかもしれませんが、実際に使ってみたところ皿洗いとかする時濡れても全く滑りません。

普通の中性洗剤なら、素手でやるよりむしろ滑りにくくなるくらいです。
↓濡れると水圧で手に、よりフィットする感じがちょっと面白いです^^

↓濡れても洗剤を使っても、お皿を持った感触としてはほとんど素手と同じ感覚です。

水に濡れると、手によりフィットして触った感触が伝わりやすくなり、お皿とか洗うときもかなり素手に近い感覚で流したりできる感じがします。

今のところ支障なくお皿洗いとかは出来ています^^/

使う上での注意点

あと使用上の注意点、と言うほどでもないですが、、
手に装着する際に手の水分をしっかり拭き取った方が良いです。てがすこしでも湿っているとスムーズにはめることができません。特に夏場汗で手が湿りがちだと思いますのではめる際にはしっかり手の水分を拭き取った方が良いです。濡れてると引っかかってスムーズに手が入りません。

というわけで!

もともとは、毛染めの時に手に色がつくのが気になって、この使い捨て手袋を買ってみたのですが、今やうちでは、家事全般に大活躍の「使い捨てビニール手袋」です!

まとめ

使う前は、手袋を使い捨てにするなんてもったいない気がしましたが、いざ使ってみると非常に便利でよい商品だと分かりました。

こちらは大変おすすめです!

以上ご参考になれば幸いです。

ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。