ダイソーの過炭酸ナトリウムで油汚れは落ちる?換気扇を洗ってみた

環境にやさしいということで注目されているナチュラル洗剤。

今回は、過炭酸ナトリウムで油汚れや換気扇の汚れを落とせるのか試してみました。

スポンサーリンク

ダイソーに行くと、ナチュラル洗剤の落ち落ち君シリーズが並んでいますよね^^!

中でも過炭酸ナトリウムは、洗濯機を掃除するのに適していて漂白や殺菌効果もある、ということで注目されています。

名前がちょっと難しそうなので、構えてしまいがちですが、実はこの過炭酸ナトリウム、洗濯機の掃除以外にも色々使えて使いこなすと大変便利なんです!

この過炭酸ナトリウム、どんな特徴があって他にはどんな汚れに強いのでしょうか?

ダイソーの過炭酸ナトリウム

過炭酸ナトリウムとは?その特徴

過炭酸ナトリウムというのは、炭酸ナトリウムに過酸化水素がくっついてできたものです。

炭酸ナトリウムは、石鹸の材料、ガラスの素材、食品の凝固剤などにも使われる素材で、自然界にある無機物です。

そして、過酸化水素を溶かしたのは過酸化水素水と呼ばれる、消毒液のオキシドールのことです。

傷口にかけると、シュワシュワ泡が発生するあのオキシドールです!^^

ということは、、、過炭酸ナトリウムは安全性の高いものからできている、ということが言える素材なんですね。

ダイソーの過炭酸ナトリウムで油汚れは落ちるの?

この過炭酸ナトリウム、水に溶かすと、比較的強めのアルカリ性の特性を持っています。

ナチュラル系の洗剤の中では一番強いアルカリ度と言えるのですが、(重曹<セスキ<過炭酸ナトリウム)アルカリ性の水溶液は、油脂を分解する性質があります。

そのため、ナチュラル系の洗剤の中では過炭酸ナトリウムが最も油分を落とす力強い、ということが言えるのです。

試しに、油でギトギトになっていた、シリコン製の鍋ふたを過炭酸ナトリウムで洗ってみました。

↓こちら。毎回使った後普通に洗ってはいたのですが、気づいたら油でべとべと・・・

↓結構ベトベトです。

↓ダイソーの落ち落ち君、過炭酸ナトリウム登場です^^!

↓手荒れ対策に手袋を使いましょう^^!

↓お湯に溶かした過炭酸ナトリウム水で洗いますと、、、

↓めちゃくちゃきれいに脂が落ちました!ツルツルです。新品みたいに綺麗になりました。

スポンサーリンク

セスキや重曹も水に溶かすとアルカリ性の水溶液になるので油脂を落とす効果があります。その中でも、過炭酸ナトリウムは最もphが高く、アルカリ性が強い性質があるため、強めの油脂汚れを分解する力があるのです。

過炭酸ナトリウムをの注意点

アルカリ性の水溶液というのは、油脂を分解する性質があるのですが、タンパク質を溶かす効果もあります。

そのため、アルカリ性の強い水溶液を素手で使うと、手荒れの原因になるので(少し付いたくらいなら大丈夫です)、過炭酸ナトリウムを使った洗浄や洗濯を素手でやるのは避けた方が良いでしょう。

手袋を使って使用するのがおススメです。

また、過炭酸ナトリウムを使って漂白・殺菌を行う場合には、40~50℃くらいのお湯を使うのがおススメです。あまり温度が低いと漂白・殺菌効果が発揮できなくなります。

ダイソーの過炭酸ナトリウムで換気扇を洗ってみた

というわけで、ナチュラル洗剤の中ではかなり有能であることが分かってきた、過炭酸ナトリウム。

油汚れの代表である、換気扇も掃除してみました。

↓こちら。半年以上掃除してません(;^ω^)

↓めっちゃ汚い(;^_^A。油とホコリの合わさった汚れで凄いことになっちゃいました。

↓ここで落ち落ち君、過炭酸ナトリウムの登場です!

↓パラパラ直接振りかけつつお湯をかけていきます。

↓ブラシで軽くこすりながら、過炭酸ナトリウムを溶かしたお湯で洗っていきますと・・・

↓油がすっかり落ちて、ピカピカのツルツルです。油の汚れがめちゃくちゃキレイに落ちます。

アルカリ性の水溶液は、油脂の中の脂肪酸と反応して、一種の石鹸のような状態になります。そのため、一旦石鹸のような状態になると、それ自体が他の汚れを落とす効果を発揮するということになるんです。

ただ、このアルカリ性の特質は、脂肪酸などの酸性の油分にしか強い効果がなく、石油系の油汚れにはほとんど効果がありません。ですので、台所の掃除に使う、という使い方が最も適していると言えるでしょう。

まとめ

過炭酸ナトリウム、かなり有能な洗浄力を持ってることが分かりました。

セスキや重曹で落ちない油汚れなどにも強い効果を発揮してくれます。

しっかり汚れを落とすときには、過炭酸ナトリウムが凄く役に立つと思いますよ!

以上ご参考になれば幸いです。

ありがとうございました。

スポンサーリンク