ダイソーのラッピングペーパー おしゃれなブックカバーを手作り!

書店で本を買うとブックカバーをつけてくれますが、古本を買ったり、図書館で本を借りたりしたときどうされますか?

本好きの私としては、お小遣いの関係上そんなに新しい本ばかりを買うわけにもいかず、古本屋で買ったり、図書館で借りたりすることも多いので、そういうときはやっぱりブックカバーが欲しくなります。

電車の中でブックカバーのない古本とか図書館の本を読むのってちょっと恥ずかしいですよね(;^_^A

というわけで、本屋で買った本のブックカバーを外して使ったり、ということをいつもしてるんですが、ラッピングペーパーでブックカバーを作ってみることにしました。

スポンサーリンク

ダイソーのラッピングペーパー

ダイソーで売ってるブックカバー

ダイソーはホントに色々なものが売ってますよね。

台所用品から、工具、文具、、、などなど、日常生活で使うものの殆どが揃う、といってもよいのではないでしょうか。

ただ、本は置いてないので、さすがにブックカバーは置いてないだろうな、、、と思っていたら、、お店に人に聞いてみたら

ありました!

さすがダイソー^^

いつも行くお店では、ちょっと隠れた場所に置いてあったんですね~今まで気づきませんでした!

しかも、結構色々な種類が置いてあります。

文具売り場に置いてあり、置いてあるのは全て、クリアブックカバー。ちょとオシャレなブックカバー、というのはさすがにないみたいです。

であれば!

少し洒落たデザインのラッピングペーパーを使って、手作りのブックカバーを作ってみることにしました。

ダイソーのラッピングペーパー

ラッピングペーパーって色々あっていいですよね!

普通は、ラッピングって、プレゼントをするとき使うものなので、人にあげるために選ぶわけですが、ブックカバーの場合は自分用です。

自分用に好きなデザイン・色を選ぶのって結構楽しいです^^/

↓シンプルなのを二つばかり選びました。

↓右2本が今回購入したもの、左の3本入りのは昔買ったのが家にあったのを、取り出してきたものです。

↓まずは、こちらで作ってみます!

ダイソーのラッピングペーパーでオシャレなブックカバーを手作りしよう!

↓まずは、文庫本。三島由紀夫は一時期よく読みました。三島由紀夫の作品はほぼ制覇したんじゃないかと思います\(^_^)/

↓コナンドイルのシャーロックホームズも殆ど全部読みましたね~。

↓最近図書館でいろいろ借りるのがお気に入り。

こういうサイズの本のブックカバーも自分で手作りすればいくらでも作れます。

スポンサーリンク

↓軽くボールペンとかで目印をしてから。。。

↓ハサミで切っていきまして。。。

↓ちょっと大きめに切り出します。

↓これを丁度良い大きさに折っていきます。

↓大体で構いません。神経質になると、こういうのはうまく行かないんですよね!

↓出来上がり!

↓めっちゃいい感じです!

↓同じ要領で、図書館で借りた本のブックカバーも作ってみます。

出来上がり!

↓おしゃれなブックカバーの出来上がり!♪

まとめ

やり始めるまでが、ちょっと面倒な気がして億劫でしたが、作ってみると意外と簡単だしかなり楽しいです。

ラッピングペーパーだと色々なデザインのものがあるので、自分好みのものを選んできてブックカバーを作る、ということができていいですね!

お気に入りの大事な本用に自分でブックカバーを作ったらきっと一生ものになりますよね!

ちなみに、、調べてみたらスタバの紙袋とか、いろんなお店のちょっと洒落た紙袋で作るブックカバー、っていうのもなかなか良さそうなので、そのうち試してみたと思います^^!

以上ご参考になれば幸いです。

ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。