3COINSのiPhone用L字型ケーブル。データ転送も可能! 

私、iPhoneを使っているんですが、iPhone用のケーブル、しかもデータ転送が可能なケーブルを3COINSで見つけまして購入してみました。

スポンサーリンク

3COINSのiPhone用L字型ケーブルの使い勝手

iPhone用のケーブルって結構すぐ壊れるませんか?

iPhoneって、本体はめちゃくちゃ丈夫だしアプリは使い勝手がよいし、機種代は高いものの、十分その価値がある、と私は思います。

(因みに私は6Sをいまだに使ってますが、会社支給のiPhone8と比べても全くそん色なく使えてます。)

ただ、周辺機器がアップルお墨付きのものしかなかったりして、若干不便を感じるときがありますよね。。。

充電用のケーブルもその一つです。

100円ショップに行くと、アンドロイド用の充電ケーブルは豊富においてありますが、iPhone用の充電ケーブルって非常に種類が少ないです。

あっても、殆ど(というか私が見た範囲では全て)充電しかできないものだったりします。

アップル社では「MFi」(Made For iPhoneの略)という規格を決めていて、これの認証を受けてないと基本的には動作に不具合が出ることがあったりするそうです。

ホントにアップルの企画力と支配力ってすごいですよね、、、備品一つまで厳格に支配してるんです。

で、基本的にはこの認証を受けているかどうかは値段に現れていて、家電量販店とかで売ってるiPhone向けのケーブルは、MFi認証を受けているものが大半で、安くても1,000円くらいするものが多いです。

これに対して、100均とかで売ってる安価なものはこの「MFi」の認証を受けておらず、iOSのアップデートとかに対応できずに不具合が生じることがある、ということが言われてます。

また、ほとんどすべての商品がデータ転送できません。

iPhoneに差し込むプラグ部分に、上下の面があって、反対に差し込むと充電すらできないんですよね。(正規品は、この上下がなく、どちらのむきで差し込んでも充電・データ転送が可能です)。

最初の頃、これを知らなくて、上下逆に差し込んでしまい、「充電できないじゃん!」と焦ったことがありました(;^ω^)

あと、て100円ショップとかの廉価商品は非常に壊れやすいです。特にiPhone本体に差し込むプラグ部分が中で直ぐ折れて断線するようで、充電池につなげてiPhoneを充電したままカバンに入れたりすると、すぐ壊れて充電できなくなってしまいます。

また、100均のiPhone向けケーブルは、線が細いのか、充電にやたらと時間がかかるのが多いのもマイナスポイントです。気づくと、100均で何個iPhone用ケーブルを買ったことか・・・( ;∀;)

と、私、100円ショップ大好き人間なのですが、iPhoneの充電ケーブルについてだけは、なかなか良い商品が出てこないので、やっぱり100円じゃ無理なんだろうなー、と思ってました。

家の近くのダイソーに行っても、そもそも、棚にiPhone用のケーブルが殆どおいてないんです。

あってもケーブル部分が20センチとかめっちゃ短くて使いにくい奴しかなかったり・・・

ところが!

たまたま寄った3COINSに、iPhone用のケーブルを見つけました。

しかも、ケーブル部分が1メートルと、欲しかった長さのもので、何より、データ転送が可能とのこと!

試しに購入してみました。

3COINSのiPhone用ケーブルは充電とデータ転送が可能!

3COINSには、何種類かiPhone向けのケーブルが置いてましたが、こちらのL字型の物を買ってみました。「FOR iPhone」と書いてありますが、「MFi」の認証を受けているものではないようです。

スポンサーリンク

↓iPhone本体につなぐプラグ部分の構造が、L字型になっていることで断線にも強い!というのも気に入ったポイントです。やっぱり、こういう機器はある程度丈夫じゃないとダメですよね・・・何より、「データ通信可能」というのが気に入ったポイントです!

↓裏面の用途にも、「充電・同期可能なケーブル」と書いてあり、データ転送が可能というのが表示されています^^/

↓箱から出すとこんな感じ。ケーブル部分が布製のコーティングになっています。ケーブル部分が柔らかいので断線しにくいのではないかと思います。

↓iPhone本体につなぐプラグの部分。正規品と同じような作りになっていて、両面に端子がついてます。また、このL字型の構造が実際に使ってみて力のかかり具合からして、折れにくい形になってると感じました。

↓こちらは裏面。どちらの面を上にしてiPhoneに差し込んでも充電・データ通信が可能です。

↓早速、パソコンにつなげてみました。

↓このように、正規品と同じようにパソコン側でiPhoneを認識してくれ、データ転送も可能な状態になります。

たまたま見つけた3CIONSのiPhone向けデータケーブルですが、データ転送ができ、充電も急速充電可能、というケーブルを量販店の正規品以外では初めて見つけました。

あとは、すぐ壊れなければ満点!という感じでしょうか。

しばらく使ってみたいと思います。

まとめ

この3COINSの、iPhone用L字型のライトニングケーブル、今まで見つけた廉価版のiPhone向けケーブルとしては最優秀商品!という気がします。

このL字型の構造のケーブルって、正規品でも売ってるようですが、少し壊れやすそうだったりするんですよね。

この3COINSの商品が見た感じでは、一番優れもの、という感じがするのと、何より300円!という、お手ごろ価格でこの品質、というのが気に入りました。

充電ケーブルに関しては、iPhoneのケーブルは高いものしかないと思っていたので、アンドロイド派の人がいつもうらやましかったんですが、これで解消されるかも!

しばらく使ってみて耐久性なども見てみたいと思います^^!

以上ご参考になれば幸いです。

ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。