デビットカードとクレジットカード違いと使い方。メリットあるのは?

今、クレジットカードに代わるカードとして注目されてきているデビットカード。

クレジットカード会社である、VISAやJCBの名前が付いていて、クレジットカードと同じような使い方ができるため大変便利なカードです。

ネットショッピングの支払いなど、クレジットカードじゃないと支払えないものについても同じようにデビットカードで支払いできます。

では、クレジットカードとはどこが違うのでしょうか?

ここではデビットカードとクレジットカードはどこが違うのか、や、使い方、メリットなどを見てみたいと思います。

スポンサーリンク

デビットカードとクレジットカードの違いとは?

クレジットカードとは?

仕事で、出張や接待などがあると、一時的に大きな支払いをしなくてはならなくなり、そういうときはクレジットカードは大変便利なものです。

一旦自分で立て替えておいて、後日会社に請求してカード会社への支払いに充当する。

または、飲み会や宴会の幹事をやったときに、人数が多い集まりだったりすると支払いも結構な額になるので、一旦立て替えておいて集金してからカード会社の支払いへ。

一時ほどではありませんが、クレジットカード会社によっては、カードを使うと結構ポイントが付くので、それも美味しかったりしますよね。

大体カード会社の支払いというのは一か月ごとに締めがあって、その一か月後くらいに支払い日がくるような設定になっています。

クレジットカードというのは、クレジットカード会社があなたに代わって出張費や接待費、飲み会代を立て替えて払ってくれるサービスなのです。

そして、後日、一定期間の支払いをまとめてあなたに請求をしてくる、という仕組みです。

クレジットカード会社は、あたながカードを使ったお店(交通会社、飲みやなど)から一定の手数料を受け取ることで収益をあげています。

そして、もう一つ、カード会社の大きな収益源があるのですが、ご存知でしょうか?

それは、分割払いの手数料ですが、これについては後述します。

クレジットカードの落とし穴

上記の通り、あなたがクレジットカードを使うと、クレジットカードの支払いはかなり先になります。(カードを使ってから1か月~2か月近く先)

一方で、交際費や交通費の請求は、会社へ請求すると遅くても一か月くらいで口座へ入金されますし、飲み会の集金だったら参加者へ支払いの請求をすればすぐ現金が回収できてしまいますよね。

そのため、一時的に手元にお金が沢山ある状態になり、手元資金が楽になったような気がしてしまいます。

で、ついつい、お金の管理が甘くなって使いすぎてしまい、カードの請求が来る頃には慌ててしまう。。。

こんな経験はありませんか?

また、出張や接待が頻繁に続いたりしてカードの使用が頻繁になると、どれがどの支払いだったか分からなくなってしまう。。。

もしくは、カードの枠に余裕があると、ついつい買い物をしすぎてしまい、支払いが来てから慌ててしまう。。。

こんな経験はありませんか?

ここにクレジットカードの落とし穴があります。

クレジットカードの注意点

クレジットカードは、手元にお金がなくても使えてしまうので、自分がお金を持っているという錯覚に陥ってしまいやすい点が最大の注意点です。

クレジットカードで物を買うという行為は、実質的には借金をしたお金で物を買っているのと同じことなのです。

法律的には借金するのとは違う法律で管理されているため認識が甘くなってしまいがちですが、金融的には借入をするのと同じです。

クレジットカードを使うということは、借金をしているのと同じことであるという点が一番注意しなければならない点と言えると思います。

クレジットカード自体は、大変便利なものだし、ポイント優遇など大きなメリットもあるものですが、それには資金管理をきっちり行えることが必須です。

カードを使ったときから支払うまでにかなり間があくため、つい、管理が甘くなってしまう、そういった危険がクレジットカードにはあると言えます。

いつ、何に、いくら、どこで使ったのか、クレジットカードを使ったら必ずしっかり管理をするようにしましょう。

カードを使うということは借入をするのと同じと、上述しましたが、もし、クレジットカードの支払いを延滞したりすると、あなたの信用情報に注意情報がのることになります。
これは、住宅ローンを借りたりするときにマイナス要素になる可能性があるので十分注意したほうがよいのです。

分割払いとは?

支払いが来た時に手元資金が足りなくて、分割払いやリボ払いを選択する、、、こんな経験はありませんか?

一時的に支払いが厳しくなって、分割払いやリボ払いを適用してしまうと、もう、何にいつ使ったのか、どの支払いが残っているのか、把握するのは困難になります。

そして、この分割手数料、リボ払い手数料、というのは、実質的には金利と同じです。

ただし、銀行などを取り締まる法律と別の法律が適用されていることもあって、大変高い料率になっているのが現状です。

クレジットカード会社の収益の柱の一つになっているのは、実質的に金利と同じのこの分割手数料やリボ払い手数料なのです。

住宅ローンが史上最低の金利、変動金利は0.5%!とか言ってる一方で、この手数料は年率10%超えはザラ、という状態ですので十分注意した方が良いと思います。

クレジットカードを便利に安全に使うのであれば、一括払いのみしか使わないことを心掛けることをお勧めします。

デビットカードとは?

デビットカードというのは、クレジットカードと同じ使い方をすることが出来るカードですが、クレジットカードとの最大の違いは、デビットカードを使うと即時に銀行口座から引き落としになる点です。

手元に現金がない状態で銀行から支払いができる、という、なんとも便利なカードです。

私も、使い始めた最初はどういう仕組みなんだろうと、ちょっと不思議でしたが、お店でデビットカードを使うと支払と同時にメールで通知が来て、銀行口座がから引き落としになるのです。

そのため、デビットカードでは銀行口座にあるお金以上の支払いをすることはできません。

実際に私は使っていますが、今のところ、この即時支払の点、以外は完全にクレジットカードと同じ使い勝手だと感じています。

数年前は、りそな銀行やソニー銀行がVISAのデビットカードを出していたくらいしかなかったのが、今ではほぼすべての銀行で取り扱っています。

カードのブランドもJCB、マスターなどほぼすべてのラインナップがあるようですね。

デビットカードとクレジットカードの違いは?

デビットカードはこのように、クレジットカードと同じ使い方ができる一方で使うと即時に銀行口座から直接引き落とされるカードです。

クレジットカードとの違いをまとめますと、

①使用すると銀行口座から即時直接引き落としになる
 
②そのため、銀行口座にある金額以上は使えない

③カードの作成時に審査がない
 →クレジットカードは借金と同じである、と上述しましたが、そのためクレジットカードを作るときにはカード会社の審査があります。これに対して、デビットカードは自分の口座にあるお金を使うだけのカードのため審査がないのです。

④お金の管理がしやすい
 →使うとすぐ支払いになるため現金と同じお金の管理ができます。

⑤一回払いのみである
 →デビットカードでは分割払いはできません。

デビットカードとクレジットカードの使い方

デビットカードの使い方は、クレジットカードと全く同じ使い方です。
(*もしかしたら、使えないお店がある、など実際には異なる面があるかもしれません。あくまで私が使っている範囲では違いを感じない、という点をご了解ください)

店頭で使う場合には、クレジットカードと同じように、カードを提示し、支払う際には暗証番号もしくはサインを求められます。分割払いはできないので、一回払い指定のみです。

お店で使うときはクレジットカードと全く同じでしたし、使えないお店もありませんでした。

ネットなどの支払いでも、クレジットカードと同じように、カード番号、カードの期限、名前、裏面のセキュリティコードを入力して、支払い、という流れです。

ネットでの支払いでも今のところ、クレジットカードと全く同じ使い勝手です。


スポンサーリンク

デビットカードとクレジットカード メリットあるのはどっち?

では、デビットカードとクレジットカード、メリットが大きいのはどちらなのでしょうか?

私は、以前はクレジットカードを結構使っていたのですが、飲み会の幹事をやったり、出張が続いたりしたとき、一時的に手元のお金が潤沢になるのがちょっと怖かったのと、やはりすぐに口座から支払いがされないため、つい使いすぎてしまったりするので、最近ではなるべくクレジットカードは使わないようにしてます。

それに対して、デビットカードは、ほぼ現金と同じ使い方ができ、口座から即時引き落としになるので使いすぎるということがなく、安心して使える点が最大のメリットだと思います。

ただ、クレジットカードは、デビットカードよりポイントがたまりやすい点は魅力かと思います。

まあどちらを取るか、ということでしょうか。

まとめ

以上、デビットカードというのはクレジットカードの代わりに使えて、かつ使い過ぎなども防げる、大変良いサービスだと思います。

ちなみに、私が今現在一番便利と感じて一番使っているデビットカードはセブン銀行のデビットカードです。

家の近くにセブンイレブンがあり、ここで物を買うときセブン銀行のデビットカードを使うとナナコのポイントが溜まるんです^^

また普通に買い物をするときにセブン銀行のデビットカードを使うと、やはりナナコのポイントが溜まります。

クレジットカードと比較するとポイントの料率としては低めと思いますが、そこそこナナコポイントもたまるので、大変気に入っています。

以上ありがとうございました。

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。