ウルグアイ産牛肉の味は?スーパーでステーキ肉を買ってみた

最近輸入が解禁されたウルグアイ産の牛肉がスーパーで売っていました。

南米って、アルゼンチンとかチリとか牛肉が美味しい国が多いんですよね。値段が安かったのでステーキ用の肉を試しに買ってみました^^

スポンサーリンク

ウルグアイ産牛肉の味は?

牛肉って国産だと高いですよね。100グラム400円前後とか普通にするのでなかなか買えません。

統計上、輸入肉で一番多いのはアメリカ産、次がオーストラリアで、ニュージーランド、とかが続きます。業務用など合わせると、ほとんどの輸入牛肉はアメリカ産です。

イオンの「タスマニアビーフ」は結構美味しいですが、激安という訳ではありません^^;でも、味が安定しているのでブランドがはっきり分かると安心して買えるので、たまに買います。高いけど^^;

スーパーで売ってる輸入物の安い牛肉って、当たりはずれが結構激しくて、食べてみないと分からないのが悩ましいところです。

マズい奴だと筋だらけだったり、獣臭がひどかったりして食べれたもんじゃなかったりしたことが何度もありイマイチイメージが良くありませんでした。

安くても美味しい、というのも結構あるんですけどね!

でも、ブランドとか生産者情報とかがないので、結局食べてみないと分からないという。。。

で、今年の夏くらいから輸入が再開されたウルグアイ産牛肉、ステーキ店では力を入れてメニューにしているところもあるようです。

以前ステーキ店(ブロンコビリー)で食べたことがありますが、臭みがなく、赤みが多い肉で大変美味しかったです。

ただ、ちょっと歯ごたえがあるので、食べにくいという人もいるようです。私は美味しいと思いますが。脂身たっぷりの肉より、「肉!」という感じが断然する肉です。

ウルグアイは、放牧で飼育するのと、牧草で育てて抗生物質とかを使わない方法で育ててるという特徴があるんだとか。

それと、知り合いの南米通が「アルゼンチンとか南米の牛肉は赤身が多くて美味しい」、といつも言っているので南米産の肉には良い印象がありました。

ウルグアイ産牛肉 スーパーでステーキ肉を買ってみた

そうしたら!

先日たまたま、時々行くスーパーでウルグアイ産牛肉が売っていたので、試しに買ってみました。

ネットで調べたら、ウルグアイ産の牛肉って、以前は輸入されていたそうです。ただ、2000年に口蹄疫で輸入禁止になってしまい、今回はそれ以来19年ぶりの輸入再開なんだとか。

↓お試しなので、一枚だけ・・・^^

↓おー、やっぱり牧草で放牧してるのは、売りにしてます^^!

↓売り出し中だからセール価格なんでしょうか。このスーパーでは、100グラム200円!これなら気軽に買う気にもなる価格ですね^^!

因みに、最近よく、分厚いカットのステーキ肉が売ってますが、あれは家庭では上手に焼くのが難しいです。何回か買いましたが、なかなか中まで火が通らなくて、何度も焼き直ししたら硬くなってしまうという、、、涙。

家庭で調理するステーキだと、このくらいの厚さがうまく焼くことができる厚さかなと思います!

ウルグアイ産牛肉 ステーキを買って調理!

ステーキは一発でちゃんと焼かないと、美味しく焼けません。

焼きすぎてもだめだし、火が通ってなくてもう一度焼き直す、なーんてことをやったら硬くなってしまって台無しです。

焼き方マニュアルを再度よく読んで、慎重に調理・・・^^!

↓まず、30分~1時間くらい常温で温度を戻してから、塩コショウを振りまして・・・

スポンサーリンク

↓焼く準備に入ります!やっぱり肉にはにんにく&オリーブオイルです。

↓強火で表面をしっかり手早く焼きます!

↓裏面もしっかり焼きます!

↓表面をしっかり手早く焼いた後は、弱火で少し蒸します!

↓できあがり~。ダイソーで買ったスレートプレートに。これ、結構オシャレです^^

↓やばい!うまそう~!めっちゃうまいです。

結構上手に焼けまして、めちゃくちゃ美味しかったです。

脂身が少ない赤身の肉で、とにかく臭みがなくさっぱりしています。

ただ、以前外食で食べたのと同じで、結構歯ごたえがあるので、柔らかめの肉が好き、という人には微妙かも。

でも、味はめっちゃ美味しいです。

今回は試しに一人分だけ買いましたが、これなら家族分買ってもいいですね!しかも、この値段なら結構気軽に買える値段です!

まとめ

ウルグアイ産牛肉、今まで食べた輸入肉の中で一番美味しいかも!と感じるくらいの美味しさでした。

次回は、家族分買ってきて、一人一枚のステーキパーティーをやりたいと思います^^!

以上ご参考になれば幸いです。

ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。