生姜酢で元気に。ダイエット効果やコレステロールや高血圧に効く!

忙しい毎日に取り入れることで、より健康を維持できる食品として注目されているお酢。

食生活の乱れや、運動不足、加齢、ストレスなどからくる体の冷えですが、体が冷えると様々な不調の原因となります。

生姜には体を温める効果のあるショウガオールという成分が含まれており、しょうがをお酢に加えることでより強力な健康効果を期待できるのです。

この、生姜酢、野菜炒めに入れたり、餃子に使ったり、色々なメニューに手軽に、かつ美味しく使うことができ、体にもいいというまさに万能の調味料にもなるんです。

我が家では毎週週末になると、生姜を一つ買ってきて、このショウガ酢を作り冷蔵庫に保存して色々なメニューに使っています。

スポンサーリンク

生姜酢で元気に!

【ショウガ酢の作り方】
ショウガ:200グラム
酢   :200ml(お酢はなんでもよいですが、敢えて言えば米酢が美味しいと思います)
はちみつ:おおさじ2

(ただし、分量は適当で大丈夫です!)

ショウガの選び方と保存方法

生姜にはいろいろ種類がありますが、一般的にスーパーで売っている生姜は根生姜という種類になりまして(他には新生姜、葉生姜などがあります)こちらを使います。
生姜は土に埋まっているときは結構大きく根を張っているのですが、一般的に売っているのはこれを一定の大きさに切ったものになります。
この切り口が変色しておらず、皮にしわや傷がない、肉厚なものが美味しいです。
また、生姜は、あまり冷やさない方が良いのと乾燥させないほうが味が落ちないため、冷蔵庫より少し湿らした新聞紙でくるんで、常温保存が一番長持ちします。
ただ、さすがに夏場は冷蔵庫での保管にした方がより持ちが良いです。

生姜酢の作り方)

スポンサーリンク

①生姜をよく洗ってから薄くスライスします。
②きれいに洗ったタッパーや保存容器(できればガラス製が良い)に、スライスした生姜を入れ、はちみつをかけます。
③②にお酢を生姜がひたひたになるまでかけ、蓋をしてはちみつがよく溶けるまでなじませます。

これを冷蔵庫で1日寝かせれば出来上がり。冷蔵庫保管であれば2週間くらいは持ちます。

生姜は、生で食べると、より効果があるのですが、さすがに生姜は生だとからいため、生で食べるのはなかなか食べにくいと思います。

ただし、この生姜酢ですとはちみつを混ぜていることで味がマイルドになるため、より食べやすく、色々な料理に混ぜたり、かけたりして生のままでも食べることができるのです。

生姜酢はダイエットに効果ある?

ダイエットの効果を上げるには、運動したり食事制限をするだけではなく、基礎代謝をあげることが必要と言われています。
生姜は、体温をあげる効果があることから基礎代謝を高める効果があり、体温が上がることで体脂肪が燃えやすい体になると言われています。
体温が上がることで、体に水分が溜まりにくくなり、むくみを取る効果もあると言われているのです。

生姜酢はコレステロールを低下させる?

生姜に含まれる、ジンゲロールという成分は胆汁を排出させる効果があると言われています。
これにより新しい胆汁が体内で生成されるようになるため、コレステロールを多く消費させ、コレステロール値の低下につながる、と言われています。

生姜酢は高血圧に改善に効く?

ガンに次いで死亡原因として多いのが心臓病と脳卒中です。
この血管が詰まることが原因の病気に、生姜は効果があると言われているのです。
生姜に含まれるジンゲロールは、血管を広げ、血流を改善する作用があります。
また、お酢にも血管拡張作用があるため、お酢と生姜を組み合わせた生姜酢は高血圧に効果があることが期待できるのです。
ただし、この効果は持続性がないため、日常的に摂取することが望ましいと言われています。

まとめ

生姜酢には体を温める効果があると言われていますが、体を温めることは体質改善につながるのです。
このほかにも、生姜酢にはアンチエイジング機能や免疫力のアップの効果、生姜に豊富に含まれる食物繊維が腸内環境の改善に役立つ、
などと言われており、様々な効果が期待できるのです。

作り方も簡単で、どんな食べ物にかけても美味しい調味料としても使える生姜酢、お試しされてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。