ダイソーの自転車グッズ 虫ゴムセットでパンクを修理してみた 交換のやり方は?

自転車がパンクしてしまい、ダイソーで売っていた虫ゴムセットで修理してみました。

↓【2023年11月時点、新しいバルブセットが売ってましてそちらも試してみました。】

ダイソーの自転車グッズ スーパーバルブセットでパンクを修理。使い方は?虫ゴム不要で簡単長持ち!

スポンサーリンク

ダイソーの自転車グッズ 虫ゴムセット

自転車の前輪の空気が少し漏れ気味だったので少し入れておこうと思い、空気入れで空気を入れたら突然バルブから空気が抜けてしまいました。

少し空気が漏れる、とかいうレベルじゃなくて、シューシュー空気が抜けてしまい、あっという間にタイヤがぺっちゃんこに。。( ;∀;)

こういうのって、自転車屋に修理に持って行くと時間かかるし、ちょっとした作業だけで1000円とか2000円とか取られるんですよね・・・

これは多分虫ゴムが劣化したんだろうなー、と思いました。

ここのところの暑さでゴムがやられちゃったのかも・・とか思ってみたり。

以前同じような状態になって自転車やで直してもらった時良く作業を見てたんですが、単に虫ゴムを変えるだけだったのを思い出しまして自分で修理してみることにしました。

やってみてダメだったら自転車屋に持って行くか、という感じです。

ダイソーの自転車グッズ

というわけで、ダイソーの自転車コーナーでパンク修理グッズとかも売ってたのを思い出し、急ぎ買いに行ってきました。

↓おおー!ありました。自転車修理用の虫ゴムです。こんだけあれば、相当な回数修理できますね^^

↓バルブもセットになってる、虫ゴムセットも売ってます!

↓その他、パンク修理用のゴムノリとか、

↓穴の補修用のゴム製のパッチなんかも売ってます。

↓一通り入ってるパンク修理セットなんかも売ってたり。うーん、どれもが100円なので助かります。

自転車屋とかに行くと、ちょっとしたものでも結構値段するんですよね~。多分症状からして、タイヤのゴム自体は大丈夫で、虫ゴムだけがダメになったのだと思いますので、今回は虫ゴムセットと、念のため虫ゴムを買ってくることにしました。

ダイソーの自転車グッズ 虫ゴムセットでパンクを修理してみた 交換のやり方は?

というわけで!

早速持って帰ってきて試してみました。虫ゴムセットと虫ゴムを買ってきました。

スポンサーリンク

↓ゴムだけ交換すれば大丈夫な気もしましたが、とりあえず、バルブも一緒に交換してみることに。というわけで今回は虫ゴムセットの方を使ってみます。

↓バルブとゴムが4つセットになってます。(・_・D フムフム、、説明書きを読んでおきます。虫ゴムってそんなに大事だったんですね。。。月一回変えるのが理想とか書いてあります。そんなに交換が必要なんだー、、と改めて驚きました。今までほとんど交換なんてしたことなかったです^^;タイヤの空気漏れって、実は虫ゴムの劣化が原因のことが多いのかもしれないなー、とか思ってみたり。

↓で、バルブにゴムをはめます。これが結構大変な作業でした。素手でやると爪とか指先を痛めてしまいます(私は爪を痛めてしまいました( ;∀;))。ペンチとか使ったほうが楽かもしれませんが、ゴムを傷つけないよう気を付けましょう。せっかく交換したのにゴムが傷ついてたらすぐダメになってしまいかねないです。

↓で、こちらが、古い方の虫ゴム。完全に劣化してて、切れてしまっています。

↓バルブの横に空いてる空気穴が出てしまってます。これじゃー、空気が漏れるはずですよね。

↓虫ゴムをセットした新しいバルブと交換しまして、、、

↓ネジを上からしっかり留めます。

↓で、空気を入れて完了!

虫ゴムの交換、やってみたら結構簡単でした。

空気をしっかり強めに入れてみて、1日様子を見てみましたが、空気漏れしてないのでうまく出来たのかなと思います。

まとめ

説明書きに書いてあった通り、自転車のタイヤの空気ってこの虫ゴムで止めるような構造になってるというのがよく分かりまして、虫ゴムの大事さよく分かりました・・・

空気が緩い状態で自転車に乗り続けてると、チューブを痛めてパンクの原因につながりがちになります。

今まで自転車のタイヤが多少緩くなったときに、虫ゴムが原因とは思っていなかったので勉強になりました!

うーむ、今回前輪だけ交換しましたが、後輪も多分傷んでると思うので時間見つけて交換したいと思います。

以上ご参考になれば幸いです。

ありがとうございました。

【↓↓関連記事はこちら↓↓】

↓ダイソーで最近見かけるのはこちらのバルブです。これは虫ゴム不要で交換が簡単です。

ダイソーの自転車グッズ スーパーバルブセットでパンクを修理。使い方は?虫ゴム不要で簡単長持ち!

スポンサーリンク