ダイソーの商品 野菜ネットで作れるものは?干しバナナを作ってみた。

ダイソーでは沢山便利なものが売ってて色々買ってますが、この野菜ネットはかなり使い込んでる一品の一つです。

冬は虫の心配があまりありませんが、その他の季節は野菜や果物を干そうとすると虫がたかってくるので、野菜ネットは必須だと思います。

それに、外に干すと、ホコリやゴミなんかも心配ですので・・・

買ったきっかけは干し芋を作るためだったんですが、買ってから色々なものを作るのに使っており、今回は干しバナナに挑戦してみました^^

スポンサーリンク

ダイソーの商品

野菜ネット、以前は、ホームセンターで1000円くらいで買った3段式のものを使ってたんですが、これだと下の段が日がよく当たらなくて、ちょっとイマイチでした。

一段式で、もう少し大きな面積の大きな野菜ネットがあればいいのにな、と思っていたところに、まさに理想の形のものをダイソーで発見!

しかも、一つ150円!?

早速購入しまして、以来、愛用しています^^!

(後日追加でもう一つ買いました^^)

ダイソーの野菜ネットで作れるものは?

↓ダイソーの野菜ネット。

直径34センチ、高さ16センチと十分な大きさがあり、この大きさであれば大抵のものが入ります。

↓出すとこんな感じです。

↓つるすとこんな感じ。

難点をいうと、チャックの部分が少し小さい点でしょうか。でも慣れれば特に問題になりません。

これで、干し芋、切り干し大根、ドライトマト、、などいろいろ作っています^^

今までで一番多く作ってるのは、干し芋でしょうか。

干し野菜やドライフルーツを作る際の注意点

干し野菜やドライフルーツを作るのに、一番の注意点というのは干し始めのときに、野菜や果物の表面にカビが生えたり、傷んだりしないようにすることです。

スポンサーリンク

その点、冬は気温が低く乾燥しており、天気が良い日であればあっという間に表面が乾いてしまいますので、野菜や果物を干すには適した時期ですね。

夏のほうが乾きやすいイメージがありますが、夏は暑さのため野菜や果物を干すと、乾く前に傷んでしまうので、結構難しいというのが、何度もやって分かりました^^

というわけで、冬の時期は干し野菜やドライフルーツを作りやすいので是非一度お試しください!^^

切って干すだけなので簡単ですよ!しかも何でも作れます!

ダイソーの野菜ネットで干しバナナを作ってみた

実は、バナナは夏の時期に試しに干してみたところ、すぐ傷んでしまい、それ以来試してなかったんですが、先日スーパーで安売りしてるのを見て、ピンときまして、再度チャレンジ!
↓とりあえず、一房分試してみました。

↓縦に長く切ったのと、横に切ったのと両方試してみました。

↓今回は、網の中に入れず、上の部分に並べて干しています。冬だし虫もいないからこれで大丈夫かなと。因みに、日当たりの良い窓の室内側に干しています。

1週間くらい干せば十分だと思います。

↓こちら3日後です。天気が良くて乾燥していたせいか、短期間でほぼ出来上がりました^^

ほぼ出来上がりですが、まだ少し湿った感じが残ってるのでもう少し干してみようと思います^^

まとめ

ダイソーの野菜ネット。

なんでも干せてホントお買い得商品だと思います。

先日近くのダイソーに行ったら、沢山置いてあったので、また追加で買ってきました。

これ、絶対魚を干すのにも使えると思うので、今度は魚の干し物作るのにも使ってみたいと思います!

以上ご参考になれば幸いです。

ありがとうございました。

野菜ネットで干し芋を作った記事です。こちらもご参照ください!
⇒ダイソーの商品 野菜ネットの使い勝手は?干し芋を作ってみた!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。