美容に乳酸菌は効果があるの?乳酸との違いは?生きて腸まで届くの?

美容に効果あるということで人気のあるヨーグルトなどの乳酸菌食品。

よく、乳酸菌が生きたまま腸まで届く!とか言うコピーを目にしますが、一方でほとんどの菌は胃で死滅するという話も聞きます。

一体どれが本当なんだ?と不思議になってしまい、興味がわきまして少し勉強してみています。

今回は、まだまだ理解不足なところはあると思いますが、私なりに少しまとめてみたことを書かせていただきます。

スポンサーリンク

美容に乳酸菌が効果がある理由とは?

健康や美容に良い、というイメージで、ヨーグルトなどの乳酸菌の食品を取る方は多いと思います。

では、そもそも乳酸菌ってどんな菌なのでしょうか、また、なぜ美容や健康に良いのでしょうか?

乳酸菌とは?

実は乳酸菌というのは、数百種類もある細菌の総称のことで、一般的には増殖するときに乳酸や酢酸を作り出す有益な菌のことを指しています。

自然に存在するものと、食品のために人工的に培養されたものとに分かれますが、自然にいる乳酸菌というのはホントにそこら中にいる菌です。

キムチなどの漬け物が酸っぱいのは、ヨーグルトと同じように乳酸発酵させたものだからなのです。

他にも記事を書いていますが、白菜やキャベツなどに塩を振って保存すると自然とすっぱい漬け物になりますが、これは自然に存在している乳酸菌を使って漬け物にしたものです。

このように、人は菌やカビなどの発酵を利用して食品を美味しくしたり、違うものに変えたり、と活用しているんですね。

お酒も穀物や果物などを菌を使ってアルコールに変化させて作っているものですよね。

一方で、人間に有益じゃない菌によってもたらされるものを腐敗と呼んでいますが、発酵と腐敗というのは、人にとって有益かどうかで使い分けているだけで、起こっている現象としては同じようなものなんだそうです。

なぜ乳酸菌が美容に効果があるの?

では、次になぜ乳酸菌が美容に効果があるのか、整理してみます。

人が美しく健康でいるためには、内臓の調子を良くしていくことが必須です。

これは言うまでもなく、食べたものをきちんと吸収する力がなければ活力が生まれませんし、また食べたカスや腸内の不要物をしっかり排出するためには腸が元気でいる必要があるためです。

また、人にとって免疫機能というのは非常に重要で、これが衰えると花粉症やアレルギーになったり、風邪をひきやすくなったり、肌が荒れやすくなったり、体調が悪くなったりしてしまいます。

この免疫機能の大半が内臓、腸にあるのです。

腸には、ものすごく多くの菌が住み着いており、いわゆる善玉菌と悪玉菌とそのどちらでもない中間の菌というのがいるのだそうです。

そして、悪玉菌が増えてしまうと、便秘になってお腹の中で食べかすが腐敗したりし、これが原因で深刻な病気になったりしてしまいます。

悪玉菌の栄養素になるのは、砂糖、ジャンクフード、また、ストレスなども悪玉菌が増える原因になります。

スポンサーリンク

そして、善玉菌の活動を活発にさせるのが、乳酸菌や食物繊維などなのです。

この、腸内に住み着いている菌というのは、非常に多くの種類があり、また生き物によっても種類が違ったりするのだそうです。

(ちなみに人の腸に住み着いている菌の中で有名なのはビフィズス菌です)

この腸内に住み着いている菌というのは、生まれた時にすでに決まっていて、食べ物とかに含まれている菌が後から新しい菌が住み着く、ということはないのだそうです。

そもそも、胃酸という強力な酸で口から入ってきた菌のほとんどは、死んでしまうそうで、生きたまま腸へ菌が届く、ということはほとんどないのだそうです。

元々腸に住み着いている善玉菌、いかにこれを活発にさせることが美容と健康には重要ということになるのです。

乳酸との違いは?

乳酸というのは、乳酸菌が活動することで生産される様々な栄養素(アミノ酸など)の総称です。

ですので、乳酸菌と乳酸というのは別物です。ここを理解していないと、色々読んでもなかなか理解できないので注意しましょう!

乳酸菌はその活動で乳酸や酢酸などを作り出すのですが、これらも腸の活動を活発にする有益な栄養素なのです。

乳酸菌は生きて腸まで届くの?

そして、乳酸菌は生きたまま腸まで届くのか?という点ですが、残念ながらほとんどの乳酸菌は胃酸で死んでしまうため、生きたまま腸へ届くことはありません。

また、一部の菌は生きたまま届く、(よくヨーグルトで生きたまま腸まで届く、というのがあると思いますがあれです)、ということがあるのだそうですが、定着することはなく、そのまま便と一緒に排出されてしまいます。

では、なぜ乳酸菌は健康に良いのでしょうか?

これは、乳酸菌は生きていても死んでいても、善玉菌の活動を活発にする効果がある、というのが理由です。

生きた乳酸菌と死んだ乳酸菌(熱消毒した乳酸菌)で色々と実験したところ同じ効果があらわれた、という実験結果があるそうです。

因みに、、、初恋の味、カルピス、あれは乳酸菌飲料ですが、あれって熱で殺菌処理した飲み物です。

ですので、乳酸菌の食品を食べる、というのは生きた乳酸菌を腸まで届ける、ということではなく、腸に元々住み着いている善玉菌を元気にする!ということになるのです。

まとめ

一旦以上です。

書いてみたら、とりとめなくなり、まだまだ理解不足、しかも説明ヘタですみません。

乳酸菌、というより、発酵とか酵素とか、美容や健康のためにも理解しておくと毎日の生活に生かしていくことが出来ると思いますのでもっと勉強してみたいと思います。

もっと深く理解した上でまた記事にしたいと思いますのでよろしくお願いします。

以上ご参考になれば幸いです。

ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。