ダイソー過炭酸ナトリウムでコーヒーのシミ抜きは可能?試してみた!

ここ最近、環境にやさしいナチュラル系の洗剤が注目されていますよね。

重曹やクエン酸など昔から使われていたものに加えて、最近はセスキ炭酸ソーダ(「セスキ」)もよく使われるようになっているようです。

そして、意外とまだ知られていないのが、「過炭酸ナトリウム」です。

漂白剤として、殺菌・漂白効果があるのに加えて、水に溶かすと比較的強めのアルカリ性の溶液になるため汚れ落としにもかなりの効果があります。

何より、無害で環境にやさしい!というのが一番のポイントでしょうか。

今回は、過炭酸ナトリウムでコーヒーの染みヌキをしてみました!

スポンサーリンク

ダイソーの過炭酸ナトリウム

過炭酸ナトリウムとは?

過炭酸ナトリウム。

なにやら、名前が難しそうな印象を与えてしまいますよね。

私は、セスキ炭酸ソーダが手軽に使われるようになったのは、「セスキ」というニックネームのおかげも大きいんじゃないかと思ってるんですが、いかがでしょう?^^

過炭酸ナトリウムじゃ、ちょっととっつきにくいですよね~。

なんか親しみやすいニックネームがあればもっと人気が出るんじゃないかと思うのですが・・・

因みに、エコの洗剤として人気のあるオキシクリーンなどの主成分はこの過炭酸ナトリウムなんですよ!

過炭酸ナトリウムは、お湯に溶かして使うと、酸素と水と炭酸ナトリウムに分解されます。シュワシュワ泡が出てきますが、これは酸素のため無害です。

この酸素が発生する際に殺菌・漂白効果が発揮されるんです。

漂白剤というと、イメージ的には塩素系のもの、というのが一般的なんじゃないでしょうか?殺菌とか漂白効果は強いけど、使用する際に発生する塩素が体に害があるので取り扱いには注意が必要という・・・

でも!

この過炭酸ナトリウムは、塩素系の漂白剤と違って、発生するのが酸素のため無害。しかも、漂白作用がなくなった後の液体は、炭酸ナトリウムというこれまた無害な物質のみが残るので、安心して使えるんです。

この炭酸ナトリウムが溶けた水溶液は、重曹やセスキよりアルカリ度が高い性質があるので、汚れを落とす効果も期待できます。

また、すすぎには、水で流すだけで大丈夫なので、扱いも簡単です。

ダイソーの過炭酸ナトリウムでコーヒーのシミ抜きをやってみた

というわけで、今回は過炭酸ナトリウムを使って、コーヒーのシミ抜きをやってみました。

↓まずはこちら。普段使用しているフキン。白い方はこぼれたコーヒーを拭いてシミになってしまいました。緑の方は、コンロ周りを拭くのに使ってるやつで、焦げや錆びでめっちゃ黒くなってしまっています。

ここで、落ち落ち君の登場です^^!

このキャラかわいくて、目力が凄いですよね。なんか汚れを落としてくれそうな雰囲気があると思います^^!

たらいを使いまして、大さじ2杯くらいを入れてみました。正直適量はよく分かりません(;^ω^)・・・洗濯機を掃除したとき、40リットルで300グラムくらい使いましたので、1リットルのお湯に10グラムくらい溶かせばいいんじゃないかと思います。

スポンサーリンク

↓お湯を使います。過炭酸ナトリウムを使うときの注意点としては、「お湯」を使うことです。お湯を使わないと、漂白効果があまり発揮しませんので、必ず40~50度くらいのお湯を使うことが使う際のポイントです。よく考えたら、過炭酸ナトリウムはここがちょっと面倒なところかもしれないですね(;^ω^)

↓お湯を注いでよく溶かします。

↓そして、先ほどのフキンを漬け置きします。

↓おー、シュワシュワ泡が出てきました~。これが漂白効果があるんです。

↓ついでにもう一枚汚れた手ぬぐいを追加しました。

↓そして、3時間後。大分汚れが出てきたみたいな感じです。

そして、これを絞って、洗濯機で普通の洗濯用洗剤を使って軽く洗いました。

で、結果ですが、、、

なんと!白いフキンのほうは、コーヒーシミがほぼ綺麗に落ちました!!

↓そして、他の汚れもほとんど落ちて、真っ白。おー、驚きの白さ・・・笑

↓一方で、緑のフキンの方は、あまり落ちませんでした。サビの混じった焦げとかは落ちないだろうな、、、と思いながら試してみたので意外感はないものの、やっぱり、ちょっと残念ではあったりして^^;)

因みにですが、この過炭酸ナトリウム、お湯に溶かしてからふきんを入れた時に出てきたシュワシュワの酸素の泡、あの酸素の泡が出てくる時の酸化力で汚れを分解したり、殺菌効果を発揮します。

ところが、ほかの洗剤(洗濯用の洗剤)と混ぜて使うと、この酸化作用が混ぜた洗剤に反応して発生してしまい、汚れを落とす方に向けられなくなってしまうため、効果が半減してしまうんだそうです。

なので、過炭酸ナトリウムを使う際には、他の洗剤とは混ぜずに使うのがポイントといえるでしょう。

まとめ

過炭酸ナトリウム、かなりの漂白効果があるのが分かりました。

コーヒーシミに効果あり!ということですね。

何より、安心安全な素材というのが非常に優れていると思います。

ほかのしつこいシミにも効果があるようなので色々試してみたいと思います。

以上ご参考になれば幸いです。

ありがとうございました。

【関連記事】
ダイソーの過炭酸ナトリウムで、トースターを掃除してみました。
ダイソーの商品 過炭酸ナトリウムの使い方 トースターの焦げ落とし

ダイソーのセスキ炭酸ソーダで換気扇を洗ってみました^^
ダイソーのセスキ炭酸ソーダで換気扇を洗ってみた。

ダイソーの「落ち落ち君」シリーズの過炭酸ナトリウムを使って洗濯機を掃除してみました。
ダイソーの商品 過炭酸ナトリウムの使い方。洗濯機を掃除してみた!

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。