ダイソーのあたたか靴下 総パイルと足首保温の使い勝手は?

本格的に寒くなってきましたね。

足元が冷えるとどんなに暖房入れても体が冷えてしまいます。

これからの季節にぴったりのあたたかグッズをダイソーで見つけました^^!

スポンサーリンク

ダイソーのあたたかくつ下

ダイソーの衣料品コーナーには、ストッキングとか保温用の靴下とか、結構冬用グッズが充実しています。

全般的に、女性用のものが多いのです。やっぱり女性の方が冷えに悩んでる人が多いんですかね。

そんな中で見つけたのがこちら!

↓あたたかくつ下、総パイル。男性用です。

↓同上、色違い。

↓こちらはちょっとデザインが違うあたたかくつ下。足首の部分が少し厚手になってます。

パイルって?

因みに、「パイル」ってなんなの?と思い、少し調べてみました。

パイルというのは、生地の編み方のことで、パイル編みの他平編みなどがあります。

平編みというのは、普通の生地のことで、シャツとか普通の服、一般的な靴下は平編みの生地で作られてます。
↓これとか

↓これみたいに

普通の靴下は裏面にほわほわした部分がありません。

一方でパイル編みというのは、編むときにループ状の糸が表面に出ている編み方のことで、タオルなんかはこの編み方で編まれていることが多いです。このパイルが出ている編み方の方が当然糸の量が多くなりますので、タオルなら吸水性が良くなり、靴下なら保温性が高くなるというわけですね。

普段使ってるタオルの表面をよく見ると、ぽわぽわした表面の糸はループ状になってると思います。

で、今回の総パイル靴下というのは、表面は普通の靴下と同じですが、裏面がパイル編みになっていて、ぽわぽわがついています。

↓「総パイル」の方は、裏面全部がパイル編みになってます。

↓「足首保温」の方は、足首の部分が違う編み方で、それ以外がパイル編みになっています。

パイル編みだと、ぽわぽわがついてる分、当然あったかいわけですが、その分厚みがあるので靴が履けなくなったりします。そのため、部屋用の靴下で使うとか、厚手の靴下用に大きめの靴を用意するとかの配慮が必要になってきます。

スポンサーリンク

ダイソーのあたたかくつ下 「総パイル」と「足首保温」の使い勝手は?

というわけで!

ダイソーのあたたかくつ下 「総パイル」と「足首保温」を買ってみました。こちらはそれぞれ一つ200円商品になります^^

↓まずは、「総パイル」の方から。

↓表面も生地がかなり生地がしっかりしてます。長持ちしそうですね~。

履いてみると、おおお、、、裏面がほわほわしていて柔らかい・・・気持ちいいです。しかも暖かい!

↓お次はこちら、「足元保温」くん。

↓色が黒しかなかったのがちょっと残念ですが、、、こちらも生地はかなりしっかりしてます。

↓履くとこんな感じ。足首部分が特に暖かいです。

↓こちらも、裏面がぽわぽわがついてるので、柔らかくてあったかいです^^!

どちらも、柔らかくて暖かくて、なかなかの履き心地です。ちょっと手放せなくなりそうです。

ただ、これだと普通の靴は履けないですね~。家の中用という感じでしょうか。

まとめ

うちは床暖房がないので、暖房をつけても足元が冷えることが多いため、スリッパを履いてることが多かったのですが、このあたたかくつ下があればスリッパがいらなくなりそうです。

これがあれば足元あたたかですね~!

これで200円ならお得な感じがします^^!

以上ご参考になれば幸いです。

ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。