ダイソーのお菓子の材料で簡単な手作りチョコ。バレンタインに!

ダイソーで売ってる手作りお菓子用の材料を使って簡単で美味しい手作りチョコを作ってみましょう!

すごく簡単ですが、美味しくて、手作り感もあるトリュフチョコです^^!

簡単で安くて美味しくてバレンタインにもいいと思います^^!

簡単ではありますが、、こういうちょっとひと手間かけたプレゼントは心がこもってる感じがしてもらう方はうれしいです~^^

スポンサーリンク

ダイソーのお菓子の材料

ダイソーではバレンタインとかの時期になると手作りお菓子用の材料のコーナーが前面に出てきます。

でも、これ、実はいつもお菓子のコーナーにあるんです。当然ながらバレンタインの看板とかはなく、ちょっと目立たない感じなのでお菓子好きの人でなければ気づかないかも^^/。

↓いつも行くダイソーではこんな感じでお菓子のコーナーに常設されてます。ただ、こういうコーナーは普段はない店舗もあります。

普段でもダイソーで材料を揃えることはできるので、ちょっとした集まりとかに作って持って行ったら喜ばれること間違いなしです^^!

ダイソーのお菓子の材料で簡単な手作りチョコを作ってみよう!

というわけで!

手作りの簡単トリュフチョコを作ってみました。

材料

・板チョコ(100グラムぐらい。今回は板チョコ1枚120グラムを全部使いました。)
・生クリーム(50グラム又は50cc)
・バター:ひとかけら
・ココアパウダー
・ココナッツパウダー(なくてもOK)

こちらは昨年のバレンタインの時の写真です。生クリームとバターはさすがにダイソーでは売ってないので、スーパーで買ったものです。

板チョコは、このデザインのはバレンタインの時しかありませんでしたが、普段からお菓子用の板チョコは売ってます。ココアパウダーとココナッツロングは普段から売ってるものになります。

因みに、ラッピングの材料とかも一緒に買いました。こういうラッピングとかもダイソーなら色々置いてるので一緒に買うことが出来てホント便利です^^

作り方

作り方は、生クリームにチョコを入れてゆっくりあっためて溶かすだけ、という簡単なものです。切ったり、焼いたりしないので簡単ですよ!

では、作ってみましょう~。
まず、生クリームをあたためます。温度は5~60度くらいが目安です。このときは火にかけて作りましたが、慣れてない場合は湯煎の方がよいです。熱くし過ぎると美味しくなくなるので注意してください。

↓チョコとバターを投入します。チョコはこれじゃなくても板チョコなら何でもOKです。

↓火は生クリームが暖まったら止めて、熱くなりすぎないよう注意してください。

スポンサーリンク

↓チョコとバターがゆっくり溶けるくらいの温度が理想です。

↓溶けてきたらゆっくりかき混ぜます。泡が入らないように注意。

↓なめらかになるまでゆっくり混ぜます。結構すぐこんな感じになります。

↓タッパーとかに入れて冷蔵庫へ。

↓2~3時間くらい冷やすと、柔らかい感じに固まります。クリームが多すぎた場合固まりにくくなりますが、その場合は、冷凍庫でもう少し温度を冷やしてみてください。

↓ラップとかにココアパウダーを敷いて、すくったチョコにかけながら丸めます。ココアパウダーをかけてやると手で触っても溶けにくくなるので扱いやすくなります。

↓形を整えて出来上がり!

↓こんな感じで、全部作ったら、冷蔵庫か冷凍庫へ!

このときは、ホームパーティー用に作ったので このあと同じ量を2回作りました^^!

ダイソーの材料で簡単な手作りチョコ!バレンタインにも使える!

このトリュフチョコは、すごく簡単ですが、その辺で売ってる生チョコなんかと同じくらい美味しいですよ!

上の写真のは、ホームパーティー用に作ったものだったので、沢山作ったためちょっと雑な感じで形が揃ってなかったりしてますが、もう少し丁寧に形を揃えて綺麗にラップすればプレゼント用にも通用します。大人の味にするんだったら、少しブランデーなどを混ぜてもよいでしょう。

バレンタインのプレゼントに、手作りチョコ、というのもよいと思います^^!

まとめ

今回は、ダイソーの材料を使って手作りトリュフを作ってみました。

簡単で美味しいですよ!

以上ご参考になれば幸いです。

ありがとうございました。

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。