ダイソーの大豆で節分の豆まき 食べても美味しいタンパク質豊富


もうすぐ節分ですね。

節分と言えば豆まき。

ダイソーで節分の豆まき用大豆を買ってきました。

スポンサーリンク

ダイソーの大豆で節分の豆まき

ダイソーで節分の豆まき用のお豆が売ってました。

↓こちらは普段から売ってる大豆のお菓子。大豆って意外と美味しいし栄養満点なのでうちではよく買います^^

というわけで!

節分用の大豆のお豆を買ってきました。

ダイソーの大豆 食べても美味しいタンパク質豊富!

節分用と言いながら、、おやつに食べてしまいました^^。また買ってこないと!

スポンサーリンク

なぜ節分に豆をまくの?

ところで、何故、節分に豆をまく、という習慣があるのでしょうか?

今では節分とというと、2月の3日のことを言いますが、節分というのはもともとは立春、立夏、立秋、立冬の前日を指す言葉で年に4回ありました。

昔は、冬が終わって春が来る日である、「立春」というのは一年の始まりと考えられていたので、立春前日の節分というのは、一年の締めくくりの日だったのです。

つまり、2月の最初の節分に行なう豆まきというのは、大昔の日本の一年のしめくくりの行事だったのです。

また、今のように医学が発達していない昔は、病気は鬼の仕業と考えられていて、豆には鬼を退治する効果があると信じられていました。

そこで、悪いことをする鬼が来ないようにと願って豆をまいたというわけです。

つまり節分の豆まきは、一年の最後の日に鬼を退治して、新しい年をむかえる、という、昔の行事だったのが今でも残っている、というわけです。

大豆の栄養素

ちなみに、この節分にまく豆の大豆ですが、節分の時にまくだけではもったいない大変優れた食べ物です。

よく、ダイエットやトレーニングで、タンパク質をとるために高価なプロテインとかお肉を食べたりすると思いますが、日ごろから大豆をおやつ代わりにポリポリ食べれば、タンパク質の補給もできてしまいます。

大豆には豊富なたんぱく質のほか、オリゴ糖、大豆イソフラボンなど、体にいい栄養素がたっぷり。

スナックを食べる代わりに大豆を食べると健康にもいいと思います^^!

まとめ

食べる用の大豆って、普段あんまり売ってないんですが、このダイソーの大豆は普段から売ってます。

特に味付けしてませんが普通に食べても美味しいです。

仕事の合間とか、家事の合間のおやつにもぴったりですよ!

以上ご参考になれば幸いです。

スポンサーリンク